【2016年どっちがお得?】ZEH(ゼッチ)補助金認定と大容量太陽光発電システム

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

money

ほとんどの方は家の購入が「人生で一番大きい買い物」だと思います。もちろん、私も同様です。しかも、35年というローンを組み一大決心をして購入に踏み切る訳です。そのため、少しでもお得に、かつローンの支払いを楽にする方法を考えて、家の検討をしていました。

その際に検討した内容をご紹介します。

ZEH補助金 or 20年間の全量買取?

balance-154516_960_720

ZEH認定には10kW以下の余剰買取のみ

確定してはいませんが、2016年のZEH(ゼッチ)の補助金を貰うためには、屋根に搭載する太陽光(ソーラーパネル)発電システムを10kW以下に抑える必要があると思われます。

2016年4月4日、平成28年度のZEH補助金の公募条件がSIIより発表されました。

なんと!平成27年度は、10kW以上の太陽光発電を系統連携した場合、補助金対象外でしたが、28年度は、余剰買取方式に限り10kW以上でもZEH公募がOKとなっています。

追記:28年9月現在。28年度のZEH補助金の公募は終わり、28年度補正予算のZEH補助金の公募があるか、どうか?と言ったところです。28年度は10kw以上でも余剰買取にすれば、ZEH住宅での補助金申請は可能でした。

追記:29年1月現在。28年度補正予算分も、10kw以上でも余剰買取にすれば、ZEH住宅での補助金申請は可能。

詳細は、こちらをご覧ください。

平成28年度のZEH公募条件が決定、太陽光発電が10kW以上であっても補助金対象に!
2016年4月4日、平成28年度(2016年度)のZEH公募に関わる詳細が発表されました。 ZEHビルダー制度の導入や蓄電池導入への補助金交付、Nearly(ニアリー) ZEHが条件付き補助金...

これまでのZEHの条件・公募要項などの確認はこちらも

SIIのZEH(ゼロエネルギー)住宅で補助金を貰えるための条件をやさしく書こうと思います!
SIIのZEH(ゼロエネルギー)住宅公募の要件を、やさしく書きたいと思います。みなさん難しくないですか?私自身も住宅メーカーも、知らない事ばかりで本当に試行錯誤でした。簡潔にまとめてみたいと思います...

この場合、発電した電力すべてが売れるのではなく、家で使用し切れない余った電力(余剰)のみを、電力会社に売る(電力会社に買い取ってもらう)ことが出来ます。その期間は10年間となります。

ZEHを諦めて、20年間の全量買取も選択の一つ

もしくはZEH補助金を諦め、屋根に10kW以上の太陽光発電システムを搭載すれば、発電した電力すべて(全量)を電力会社に売る(電力会社に買い取ってもらう)ことが可能となります。その期間は20年間固定であるため、安定した売電収入が期待出来ます。

ZEHを諦める目安は、ソーラーパネル15kW以上?

calculator-385506_1280

ZEH補助金を選択するか、割り切って大容量の太陽光発電システムを選択するかの目安は、個人的な見解として15KW以上が境目だと考えています。

実際にはパネルメーカーや設置環境、設置するためのパネル自体のコストがかかってるため、一概に比較することは出来ませんが、収入という側面での概算なので、参考にしてみて下さい。

計算式の各パラメータ

  • 10kW未満の余剰買取価格:33円/kW(出力制御対応機器設置義務なし)
  • 10kW以上の全量買取価格:27円+税/kW(平成27年7/1~の買取価格)
    • +税については2017年4月~予定の10%にて試算
  • 太陽光発電システム1kWあたりの年間発電量期待値:1,000kW/年
    • 南向き、角度30°設置時における値:JPEA(太陽光発電協会)公式サイトより

ZEH認定が可能な10kW以下の10年間の予想収入

  • 1,000kW(年間発電量)× 9.9kW(太陽光)× 33円/kW × 10年(買取期間)

=2,886,840円

ZEH補助金 = 1,300,000円

太陽光収入+ZEH補助金 = 4,186,840円  

約420万円

太陽光発電システム15kWにおける10年間の予想収入

1,000kW(年間発電量)× 14kW(太陽光)× 27円+税/kW × 10年(買取期間)

=4,455,000円

約445万円

どちらを選ぶかは一長一短

10年間における収入的な側面で見ると、個人的には15kWが一つの目安です。しかし、どちらを選ぶかは、おのおの一長一短があります。

ZEH認定(10kW以下)を選択する場合

メリット

  • 認定後に補助金を一括受取することが可能であるため、繰り上げ返済等に充てることが出来る。
  • 余剰買取であるため、全量買取と比較すると1kWあたりの売電価格が高い。
  • 災害時でも電気を使用することが可能

デメリット

  • 固定買取期間が10年間であること。

10kW以上の大容量太陽光発電システムを選択した場合

メリット

  • 20年間という長期にわたって安定した売電収入が期待出来る。

デメリット

  • パネルコストが多くかかるため、家購入にかかる全体費用が大きくなり、ローン審査に通る上限に影響する可能性もある。
  • 発電した電気を売電するために変換するパワーコンディショナー(パワコン)の寿命が10~15年であるため、交換が必要になる。

お勧めの会社ってあるのか?

一度はどこかで聞いたことのある会社だと思うのですが、【住宅用・産業用】ソーラーパートナーズ がお勧めです。みんなココが安心と言いますよね。私もそう思います。

サイトを見るだけで誠実さが伝わってくる優良会社です。NHKの夕方の情報番組、「首都圏ネットワーク」でも紹介されてました。漫画で分かりやすく会社の案内をしているので、一度見てみてください。

なぜソーラーパートナーズが、お勧めなのか?

・審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した評価の高い優良業者しか紹介していません。

・ソーラーパートナーズには、販売・施工・アフターまで一貫して行える『施工会社』しか加盟できないので、下請けが変な会社だった・・・ということはありません。

・また、外注施工がないので、中間マージンがありません。よって・・・低価格で太陽光発電を購入できるんですね。本当にお勧めです。

電話の感じでも、群を抜いて感じが良いのも気に入りました。

資料請求・見積もりはココ:No.1太陽光見積りサイト【ソーラーパートナーズ】

また、タウンライフというサイトなら、太陽光発電システムだけでなく、トータルでZEHのプランまで作ってくれます!しかも、無料です。まだ、ハウスメーカーも決まってない方は、こういう選択肢もあります。

まとめ

太陽光発電の設置については、搭載可能な最大量容量が制限されている区域もあります。また、10kW以上を設置となると、必然的に屋根の形状が決まってくる場合が多いため、家の外見についても制約されてしまいます。

しかし、トータルで考えると、20年間という長期にわたって安定収入が見込める10kW以上の太陽光発電システム設置は魅力。

また、住宅メーカーで、太陽光パネルを一緒にお願いするとしても、他社の見積もりを持っていれば、住宅メーカーで提示される太陽光パネルの見積もり金額はそれより下がる 事がほとんどです。必ずWEBで良いので見積もりは取りましょう。

住宅メーカーで頼んでも、太陽光発電だけ他社で頼んでもその時に考えたら良いのです。見積もりは面倒でも取るべきです!何らかの役に立つからです。

スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. 通りすがり より:

    10キロワット以上の太陽光でもZEHは受けられます

    • そうし より:

      通りすがりさま

      コメント頂いている通り、太陽光パネルが10KW以上でもZEHは受けれます。
      この記事では、パワコン接続容量と太陽光パネル容量を分けて書かずに全体概要としているので、説明不足となっており申し訳ありません。
      もし、パワコンを10KW以上でもZEH受けられる方法があるのでしたら教えて頂けないでしょうか。

      「太陽光パネル総出力>パワコン容量」と出来る旨はこちらの記事で少し紹介させていただきました。
      http://ゼロエネルギー住宅.jp/2016/03/07/solar-price-2016/

      しかし、まだ全体をまとめきれておらず、また我が家の時は10KW以上もZEHを受けれたため、平成28年度のZEH内容が確定したら
      「太陽光パネル総出力>パワコン容量」を基軸に、現在の「太陽光パネル総出力>パワコン容量」統計値をベースに紹介したいと考えております。