補助金は非課税 or 一時所得?確定申告(住宅ローン控除)には注意が必要!

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

-shared-img-thumb-PAK86_kakuteishinkokusuru20140312_TP_V

我が家は、「ふるさと納税」や「医療費控除」の関係で毎年、確定申告を行っているのです。しかし、補助金に関しては、これまで給付を受けたことがありませんでした。

私はFPの資格をもっていますが、補助金の取り扱いについては知識・経験がなく、非課税か一時所得(所得税対象)なのかが不明だったため、今回調べたこと・分かったことを紹介したいと思います。

結論から言うと、ZEH(ゼロエネルギー住宅)補助金は非課税であり、一時所得にはなりません。しかし、住宅ローン控除の申請に注意が必要です。

定番?たらい回しに

-shared-img-thumb-PAK85_lalamaittawai20140321_TP_V

ZEH補助金の扱いについて、国税庁や税務署、ZEH支援事業を行っている執行団体であるSII(環境共創イニシアチブ)にZEH補助金の扱いについて確認したところ、どこからも明確な回答はありませんでした。

国税庁は、「SII」に確認して下さい

最初に、国税庁に問い合わせたところ、「国からの補助金(国庫補助金)は、基本的に非課税であるとは思いますが、補助金を出しているところに確認して下さい」とのこと。国税庁に問い合わせれば、一発で解決すると思ったのに意外なコメントにちょっと困惑。

SIIは、「国税庁」等に確認して下さい

次に、ZEH支援事業を行っているSIIに問い合わせたところ、「ZEH補助金は、国庫補助金であることは間違いないです。しかし、非課税か一時所得かは、国税庁もしくは税務署にご確認下さい。」というコメント。

国税庁は、近くの「税務署」にご相談下さい。

国税庁に再び連絡し、「執行団体のSIIから国税庁に確認して下さい」と言われたと伝えたところ、「分からないので、詳細は近くの税務署にご相談下さい。」と言ってきた!!もうイライラボルテージはMAX。
その後、税務署に電話したのですが、「国税庁」か「執行団体」に確認してくださいとテンプレートみたいな回答の一辺倒、もうトホホって感じです。

結局、誰も回答してくれず

ある程度は覚悟していましたが、案の定たらい回しにされました。4回も電話したのに、結局何も解決せず。時間と電話代を返せ!って感じです。一旦電話での確認は止めてゼロから調べなおすことにしました。

まずは、「ZEH補助金」について改めて確認!!

ZEHは、経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー対策課がおこなっている「ZEH支援事業」であり、私たちがZEH補助金を受けた先はSIIという執行団体です。

執行団体 環境共創イニシアチブ(SII)

 今年の執行団体は募集中ですのでわかりませんが、これまでは環境共創イニシアチブ(SII)でした。
ZEHの公募要項 「平成26年度補正 住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金 (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」1ページ目に以下の内容が記載されていました。ZEH補助金は、「国庫補助金」であることが確認出来ました。
sii26-2

「国庫補助金」って非課税なのか?

国税庁のHPで調べた

自身の勝手な判断で、ZEH補助金は「国庫補助金」だから非課税で何もしないとしてしまうと、後から税務署に追納と言われかねません。

今はマイナンバー制度があるので、間違っていたら後から追納+追徴課金!と指摘されるのを避けるため、国税庁のHPにて再度調べました。確認したところ、ZEH補助金は「所得税法第42条第1項」に該当することが分かりました。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490qa.htm

以下、抜粋。

「すまい給付金」や「住まいの復興給付金」を受け取った場合には、所得税の課税対象になりますか。

1 「すまい給付金」や「住まいの復興給付金」の課税関係
「すまい給付金」や「住まいの復興給付金」(以下「すまい給付金等」という。)を受け取った場合には、受け取った日の属する年分の一時所得として所得税の課税対象になります。
※ 一時所得の金額の計算においては、50万円の特別控除の適用があります。

2 国庫補助金等の総収入金額不算入の特例の適用について
「すまい給付金等」は、所得税法第42条第1項(国庫補助金等の総収入金額不算入)に規定する「国庫補助金等」に該当しますので、確定申告書に「国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書」を添付することにより、一時所得の総収入金額に含めないことができます。
 なお、この特例の適用を受けた場合には、その対象となった住宅を事業の用に供した場合の減価償却費の計算や、住宅を譲渡した場合の取得費の計算においては、住宅の取得価額から「すまい給付金等」の金額を控除して計算することとなります。
※ 「すまい給付金等」は、国から直接交付されるものではなく基金を通じて交付されるものですが、国の補助金を財源としていること及び交付決定に基金の裁量が入らないことなどの理由から、「国庫補助金等」に該当します。

3 住宅借入金等特別控除等の適用について
「すまい給付金等」は、住宅の取得に対して交付されるものですから、平成23年6月30日以後に住宅の取得等の契約を締結した場合で、「すまい給付金等」の交付を受ける場合は、租税特別措置法施行令第26条第5項(住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除)に規定する「住宅の取得等に関し、補助金等・・・の交付を受ける場合」に該当するため、租税特別措置法第41条第1項(住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除)の適用を受ける場合には、住宅の取得価額から控除して計算することになります。

と題名では「すまい給付金」や「住まいの復興給付金」を受け取った場合となっていますが、

2.の 国庫補助金等の総収入金額不算入の特例の適用について書かれている箇所を見ると、「国庫補助金等」は書類を提出すれば、一時所得とみなされないことになります。

そう、明確に一時所得にはみなされませんと、明記されてました。一安心です。

上記を踏まえて、再度税務署に確認

改めて税務署に電話し、相談窓口の税理士に下記旨を伝え、自身の解釈で問題ないかを確認したところ、補助金を住宅ローン控除の借入金から差し引けばよいという回答でした。確認は比較的あっさり終わりました。

ZEHの補助金は、国庫補助金です!

私自身も最初から調べて確認すれば、もっと早く解決したはずなので反省ですね。

まとめると、こうです。

  • 「国庫補助金」であるZEH補助金を受けたこと
  • 補助金は非課税と認識していること
  • 住宅ローン控除を受けたい
  • 住宅ローン控除の借入残高から補助金額をマイナスすること

確定申告に提出するべき、書類が増えました

下記を参考にしました。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/shinkoku/001115/pdf/06/06_029.pdf

今回のことでZEHに限らず、国庫補助金を貰った場合、確定申告時に明細書を提出しすること。また、貰った国庫補助金の確定通知書のコピーも必要です。

しかし提出すれば、一時所得の総収入金額に含めないことができます。必ず提出しないとですよね!!

明細書・・・「国庫補助金等の総収入金額不算入に関する明細書」のこと。

一部、例ですが、下記は国庫補助金です。確定申告時に、明細書・国庫補助金の確定通知書の提出が必要です。↓

  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業
  • 住まい給付金
  • HEMS機器
  • 定置型リチウムイオン電池
  • 民生用燃料電池(エネファーム)

まとめ

注意!住宅ローン控除の金額が変わります!

よくよく考えてみれば、医療費控除申請時に保険金が下りた場合は、その金額を控除額から差し引くのと全く同じでした。分かってしまえば比較的簡単な内容ですが、誰も答えてくれないと不安になりますよね。

結論としては、補助金を貰うと、一時所得にはならないけど、住宅ローン控除を受ける際には、この補助金を差し引いた分が、ローン控除対象になります。

これは、国税庁のHPから確定申告の書類を作成すれば、勝手に計算してくれます。また、翌年以降もこのマイナスされた分で計算され、会社員なら年末調整用のローン控除額資料が、毎年10-11月に自宅に郵送で届くそうです。

これを会社に持っていき、年末調整したらOK。面倒くさいのは最初の1年目だけです。

確定申告についてはこちらも

住宅ローン控除の条件や必要書類は?これで最大50万円還付か?
我が家は、2015年から家に住み始めたので、今年の確定申告に「住宅ローン減税」の申告をする予定で、現在準備を進めています。これからZEHで家を建てる方!2016年に住み始めたら、翌年2017年に確定...
確定申告「住宅ローン控除」の為「登記事項証明書」をネット申請したら翌日到着!
確定申告の資料は、ほとんどインターネットから入手可能ですが、登記事項証明書もインターネット申し込みして自宅に郵送可能です。21時まで手続きできるので利用すると楽です。郵送してくれる上...

さいごに、お得情報

関西と関東の方!アンケート答えましたか?SUUMOでは簡単なアンケートで
5,000円分のギフトカードもらえます。期限が決まってますからお早めに!

スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ゆ・ま より:

    管理人様
    とてもためになるブログありがとうございました。
    ZEHに興味がありさらに補助金がもらえるということで検索しておりました。
    無事に?今予算も衆議院を通過し4月から本年度の予算も始まるのではないかと思っております。
    そこでZEHについては大枠は理解できたのですが補助金申請の為のSIIの条件とは何なのでしょうか?
    ちなみに埼玉県の補助金では換気設備は熱交換型換気設備であることと記載されていますが第三種・2種ではだめなのでしょうか??
    SIIの条件がありましたらお教え下さい。
    よろしくお願いします。

    • そうし より:

      ゆ・ま様

      コメントありがとうございます。
      平成28年度予算案が1日に衆議院を通過したので恐らく4月予算執行も始まりそうですね。
      まず、一つ目のご質問であるSIIの条件(過去)についてですが、主に以下を満たす必要が
      あります。埼玉県ですと、ZEHの地域区分で「6」になると思います。
      大枠としては、一般世帯で使うエネルギー(ZEHでは一次エネルギー)に対して、家の省エネ
      効果と再生エネルギーによる発電にてトータルをゼロにするという取り組みです。
      しかし、電気代をゼロにしなければいけないという訳ではありません。

      例えば、一般的な世帯で使っている電気量(1次エネルギー)を100とした場合、
      ZEH仕様にすることによって得られる省エネによる電気削減量(①)
      再生エネルギーにて発電する電気量(②)
      ①と②の合計が100以上になれば、1次エネルギーがゼロとなったとみなされます。

      以下は主な用件なので参考までに
      ・Q値1.9(UA値0.7)以下・・・・家全体の断熱性能基準を満たす必要があります。
      ・再生エネルギーの導入が必要:主に太陽光発電となります。
      ・上記2つにて1次エネルギーがゼロ以下になること。
      ・HEMSを導入すること

      2つ目ご質問の「熱交換型換気設備」と「第三種・2種」は内容が異なります。
      前者は熱交換に関する内容、後者は換気方式に関する内容です。そのため、お住まいの
      埼玉県の補助金に受けるには、換気方式については条件はないけども、熱交換型が
      対象ということではないでしょうか。熱交換と換気方式の概要を記載しましたので
      参考にしてみて下さい。
      調べると第1種もしくは第3種方式の「熱交換型換気設備」があるようですね。

      換気設備にはご質問の「熱交換型換気設備」と「非熱交換型換気設備」があります。
      「熱交換型換気設備」は換気する際に、内部の熱を逃がしにくい構造となっており、
      省エネ効果が期待できますが、コスト(設備の値段が高い)がかかります。三菱の
      ロスナイが有名ですね。
      「第三種・2種」というのは換気方式のことをさしています。換気方式には3種類
      あります。一般的な住宅は第1種もしくは第3種が多いようです。
      第1種:機械吸気&機械排気
      第2種:機械吸気&自然排気
      第3種:自然吸気&機械排気

  2. ゆ・ま より:

    そうし様
    詳細なご回答本当にありがとうございます。
    私が新居を建てる地域区分は「5」みたいで埼玉でも5地域と6地域の2種類あるようです。
    そうしますと過去のSIIの条件で断熱構造以外に必須設備と言えば太陽光とHEMSだけでよろしいのでしょうか?

    後は断熱をしっかりやり1次エネルギーをゼロいかにすればOKという認識でよろしいですよね?

  3. ゆ・ま より:

    追記
    申し訳ありません。
    国の補助対象設備となる(1)空調設備(2)給湯設備(3)換気設備(4)照明設備をすべて導入すること
    という紋々があるのですが(1)最新のエアコン(2)エコキュートもしくはエコジョーズ
    (3)??(4)LEDとういう感じでよろしいですかね?
    どうも換気設備のところがなんなのかひっかかってしまいます。。。

  4. そうし より:

    ゆ・まさま

    返信が遅くなってすいません。
    仰る通り、断熱をしっかりするというのが基本となります。
    我が家は、リビングの窓を大きくした関係で断熱率についてはギリギリでしたが、
    断熱がしっかり(Q値が1前後?)であればその他はかなり自由がきくと思います。

    追記のご質問ですが、
    (1)空調関係も基準があります。小型のエアコンであれば最新機種は概ね基準を
    クリアするのですが、リビングに設置する大型のエアコンは機種が限られると思い
    ます。基準値についてはこちらを参考にして頂ければと思います。
    あまり見慣れない数値かと思いますが、エアコンのカタログスペックを見ると、記載
    してありますのでこれを機に?チェックしてみてください。我が家は、日立・東芝・
    パナソニックで迷いましたが、すべてパナソニックのエアコンを設置しました。
    定格冷房能力の区分 定格冷房エネルギー消費効率が満たす条件
    2.2kW 以下 5.13 以上
    2.2kW を超え 2.5kW 以下 4.96 以上
    2.5kW を超え 2.8kW 以下 4.80 以上
    2.8kW を超え 3.2kW 以下 4.58 以上
    3.2kW を超え 3.6kW 以下 4.35 以上
    3.6kW を超え 4.0kW 以下 4.13 以上
    4.0kW を超え 4.5kW 以下 3.86 以上
    4.5kW を超え 5.0kW 以下 3.58 以上
    5.0kW を超え 5.6kW 以下 3.25 以上
    5.6kW を超え 6.3kW 以下 2.86 以上
    6.3kW を超える 2.42 以上

    (2)
    エコキュート、エコジョーズ、エネファームどれかになります。
    詳細な基準値がありますが、最新の機器はほぼ基準値を満たすのでどれを選択しても
    クリアすることが出来ると思います。我が家はエコキュートですね。

    (3)
    換気システムを気にされているようですね。恐らく、ZEHと県の両方から補助金が
    貰えるか?がポイントではないでしょうか
    最新過去募集のZEH仕様(平成26年度補正予算)では、「熱交換型」となっているので
    ZEH仕様を導入すれば、お住まい地域の補助金要項も満たしていると思います。
    双方から補助が出るかは、要項によると思いますので、またご連絡頂ければと思います。
    例えば、太陽光発電システムは県からと市町村からの双方の補助金を受けれる制度が
    これまではたくさんあったので双方から受けらえる可能性はあります。

    (4)
    こちらは、基本的にLEDとなります。もちろん、インバータ方式の蛍光灯も対象ですが、
    ほぼLEDを提案されると思いますのでLEDを選択すれば大丈夫です。我が家も照明はすべて
    LEDとしました。1カ月の電気代については記事にてご紹介しておりますのでよければ
    ご参考にご連下さい。

    長文・乱文なので不明点があればコメント頂ければ幸いです。

  5. ゆ・ま より:

    そうし様
    本当に詳細な返信ありがとうございます。
    とても参考になります。
    換気システムについてですが調べましたところ熱交換型かもしくは非熱交換型ですと
    比消費電力が0.4W以下ということです。
    今のところ非熱交換の三菱の第三種換気システムなのですが0.4Wなのかどうかは
    わかりません。

    あとは断熱ですね…
    断熱材・窓・サッシ・玄関で調節する形ですよね??
    実際断熱材はグラスウールか吹付の泡になるので違いがでるのですかね?

    • そうし より:

      ゆ・まさま

      窓・サッシ・玄関でかなりQ値は変動してきます。
      我が家はリビングに大きい窓がほしかったので、3重ガラスやアルゴンガス挿入タイプの窓をいれました。
      サッシはアルミ製ではなく、樹脂製のが断熱率がいいですね。
      玄関は・・・制限されることが多いです、両開きの玄関はQ値が大きく下がるので我が家は諦めました。

      断熱材はグラスウールと発砲材では一概に比較できないですが、グラスウールは密度によって断熱率が異なります。
      断熱率が一番?よいのはEPS(Expanded Poly-Styrene)だと思いますよ。私はこのサイトで断熱材関係を学びましたので
      よかったら参考にご覧ください、我が家はグラスウールの断熱材を使っています。
      http://dannetsujyutaku.com/

  6. ゆ・ま より:

    管理人様
    断熱性は開口部に限るということですね。
    あとは間取りの問題ですね。
    最悪太陽光で調整するしかないですね。

    ちなみにHMは富士住建で建てようと思っています。
    玄関はYKKのデュガードD2仕様になります。

    • そうし より:

      ゆ・まさま

      はい、断熱性は開口部で大きく変動します。
      窓の数が限れてしまうため、間取り検討が一番苦労しました。
      家の8割以上の窓が南側に集中した間取りとなっています。

      残念ながら「太陽光発電」で調整することは厳しいと思います。
      1次エネルギーをゼロにすることよりも、家全体の断熱性能値をクリアすることの方が難しいからです。
      家自体の断熱性能が必ず基準Q値をクリアしている必要があり、家自体のQ値が基準を超えてしまったので、
      多めに太陽光を搭載して・・・・全体でクリアというのはNGだからです。

      富士住建さんのHPをみてみました、かなり坪単価が抑えられていてよさそうですね。