【我が家のZEH失敗談】住宅のカタログは事前に取り寄せよう!




model-railway-239719_1280

今日の内容は、我が家のZEH失敗談ネタです。

家を建てることは、ほとんどの方の場合一生に一度だと思いますが(もちろん我が家もそのつもりです)、次に建てるならこうすべきだった!と感じたことを紹介します。

それは「展示場に行く前に、気になるハウスメーカーの資料は事前に取り寄せるべきだった」ことです。

最初に「住宅展示場」に行ったのは失敗だった

miss

我が家は、ZEH説明会に参加(説明会は任意)したあと、その週の土日に初めて「住宅展示場」へ行きました。それまで、具体的に家を建てようと考えたことが無かったため、とりあえず「住宅展示場」に行って各ハウスメーカーの家がどんなものなのを見てみようと考えました。

しかし、これがそもそも失敗の始まりでした。なぜ、失敗だったと思うかを箇条書きでまとめるとこんな感じです。

しくじり、私たちみたいにはなるな!!

  • 1日で見れるモデルハウスは数社程度
  • 全部見ようとして、1カ月の土日はすべて展示場に通う羽目に
  • モデルハウスはあくまでも「モデル」
  • 結局、記憶に残るは雰囲気ぐらい

住宅展示場に行ったけど・・・

我が家が行った住宅展示場は、地域の中でも指折りの規模(それまでは興味がなかっため全然知りませんでした)の展示場だったため、20社以上のハウスメーカー、40棟以上のモデルハウスが並んでいました。

到底、1日で見れる数ではありません。まずは各社にZEH対応は可能ですか?というところから、各社の営業担当者に確認です。しかし、当然向こうも営業の方なので、ZEH対応有無だけを返答してくれる訳ではなく、いろいろ売り込んできます。

そうすると、1社あたり1時間ぐらいかかることは当たり前で、場合によっては、1社で数時間かかることもありました。でも結局分かるのは、ZEHに対応可能かどうかだけ。

しかも、多くの営業の方は「注文住宅なので、お客様の要望とあれば何でも対応可能ですよ」という売り込みトークをしてくるので、ZEH対応でのハウスメーカー選びは全く前に進みませんでした。

1日中、ハウスメーカーを回るのですが、記憶に残るのは、「あのモデルハウスは雰囲気がいい」や「なんか坪単価高そう」、「あの営業の人は印象よかった」ぐらい。

モデルハウスは、展示用に造られているため、ものすごく広く、間取りの参考には全くなりませんでした。

しかも、家を建てたい人って 子連れが多いよね・・・

家を建てたい人って だいたい子連れだよね

私も2人子供が居ます。そして家を建てようと住宅展示場にいったときは、3歳の子供と0歳の子供連れで、この住宅展示場で書くアンケートも営業さんの話にもうんざりしました。抱っこ紐して廻ってるし、長いとおむつ交換や授乳やらでまあ大変でした。

子連れにも辛いですから、先にカタログ貰いましょ!

展示場でもらえるパンフレットは、事前に取り寄せるべき

家探しを始めた頃に、ハウスメーカーのパンフレットをWEBで取り寄せ可能であることは知ってましたが、当初は、1社も取り寄せませんでした。(最終的にハウスメーカーの「一括資料請求」を行うのですが・・・)

何故なら、WEBで申し込んだら、まだ建てるかどうか決めていないのにDMなどが、ずっと届くと考えたからです。

でもこの発想が、そもそもの間違いでした。

何故なら?
住宅展示場でパンフレット等の資料をもらう際に、必ず名前と住所・家族構成や土地があるか・・・などなどアンケートを書かされるので、結局、DM等は自宅に届くことになるんです。

カタログって貰うのに幾つか方法があります。①住宅展示場に行く方法と、②各メーカーのホームページから貰う方法、あとは③資料請求一括サイトを使う方法があります。

ちなみに結果的に我が家はすべて利用したので、一応メリット・デメリットを書いてみますね。

①住宅展示場に行く方法

メリット
やる気になれば、カタログはすぐに集まる
家の雰囲気がわかる
補助金や税金の情報がわかる
デメリット
アンケート(住所・職業・年収・家族構成・建築時期)を書く
お客さんを値踏みしてる感がある
質問攻めで強い意志がないと2時間は軽く拘束される
とまあ、こんな感じです。これで1度行って嫌になりました。
もちろん住宅展示場に行くこともとても重要なことなんですよ。でもね、営業さんは見込み客かどうか探ってくるんです。これがお客にとっては時として値踏みされてる感じを受けるんですね。疲れましたよ、特に心がね・・・

②各メーカーのホームページから貰う方法

営業さんと話もせず顔合わせずに、資料を請求する⽅法もあります。

住宅メーカーのWEBページからカタログ資料請求すれば良いんです!必要事項を入力すれば郵送されてきます。

メリット
営業さんと顔を合わせずに済む
近所の土地・建売情報も貰えることもある
24時間いつでも申し込み可能
デメリット
1社1社申し込むのは意外に面倒
やはり営業さんから電話は掛かってくる

思い立ったその時にカタログが申し込めるのは良いですね。でも1社1社入力するのは結構だるく、2-3社くらいで断念しました。

そんなときのお勧め請求⽅法があります!!「カタログ資料請求一括サイト」が便利です。

③資料請求一括サイトを使う方法

時代ですよね、今は便利な「カタログ資料請求一括サイト」があります。
これで営業さんの顔を⾒ずに、注文住宅のカタログ請求が可能です。

資料請求一括サイトだから、PCやスマホ入力1回で自分の欲しい注文住宅のカタログ請求が可能で便利です。

メリット
営業さんと顔も話もせずに済む
1度に最大10-15社くらい貰える
24時間いつでも申し込み可能
電話もあるけど、メールのやり取りが多いので気楽
デメリット
近所の情報は貰えないかも(貰えることもあります)

デメリットとするなら、急いで家を建てたい方には若干不向きなことくらいです。急ぐ方はタウンライフを利用すると便利です。

一括請求がベスト

ZEH対応の住宅を建てるとなると、何かと締切が多く、常に時間に追われるようになってしまいます。時間を節約出来ることは、なるべく先手を打っておくべきです。

ハウスメーカーのDMなんて、家を建てようと検討し始めたら、遅かれ早かれ届くようになります。

冒頭で最初の1カ月は、展示場通いだったと記載しましたが、その後、数カ月に及ぶハウスメーカー通いに比べれば、まだ序の口でした。当時は、そんなことになるとは全く想定していませんでしたが・・・今思えば、ああ~あの時失敗したなーという感じです。

住宅展示場は、ハウスメーカーを下調べした後に

パンフレットにて、事前に各ハウスメーカーの下調べをした後に展示場に行けば、具体的な質問が可能となるため、時間の節約が可能になります。

我が家は、最初の1カ月で家から一番近い展示場にて見て回った後、ゴールデンウィークの後半に、実際に家を建てる場所の近くにある展示場にも行きました。

その時には、一定の基礎知識と要件が固まっていました。その為、ハウスメーカーがある程度絞られ、聞きたい内容も具体的な要件となっており、有意義な各モデルハウス巡りが可能になりました。やはり最終的に資料請求して良かったです。

その際にどのハウスメーカーにも確認した内容は以下の3項目です。

ZEH対応モデルの標準デザイン(間取り)のUA値と坪単価

「ZEH対応モデルの標準デザイン(間取り)のUA値(Q値)と坪単価」は、個人的に最も重要だと考えている確認内容です。なぜなら、ZEH対応には、家全体の断熱率を表すUA値の数値が重要となってきます。

ほとんどのハウスメーカーは、坪単価ごとにシリーズが分かれているのが一般的です。

いくらZEH対応住宅かつ、坪単価が安くても、「極端に窓が少ない」や「仕切りが少ない」、「玄関が小さい等」ではマイホームを折角作るのに悲しいですよね。

この質問をすることによって、ZEH対応と記載されているシリーズ(モデル)の基本的な断熱性能が、大よそわかるため、予算に合致するシリーズがぐっと絞られてきます。

標準的な工期

住宅の標準工期も重要な確認ポイントです。ZEH申請には、決められた期限までに完成させる必要があるため、工期の確認を是非行って下さい。

特に一条工務店など一部のメーカーさんは、1年間に建てる家の件数が決まっているので要注意!

ZEH対応住宅の実績数

実績ありきではありませんが、出来れば実績が多いハウスメーカー(ZEHビルダー)の方が何かとです。

ZEHの応募要項は、基本的には毎年同じですが、細かい部分は毎年(場合によっては○次応募でも変更あり)変更されることが多いため、実績があるハウスメーカーの方がいいでしょう。

短い戦いとは言い方が悪いですが、期限内に完成させないと補助金がもらえなくなるからです。そういう意味では、ZEHの実績数は大事です

SIIのホームページにて、ZEHを推進しているメーカーなのか、実績数などもわかるようになりました。特に★マークで格付けされているので見やすいです。こちらも参考にしてください。

▶ZEHを推進しているZEHビルダーを探す(SIIのホームページ)

やっぱり?一括資料請求をしました。

我が家は、一度展示場を見に行ったあと、やっぱりハウスメーカーの「一括資料請求」を行いました。

理由としては?
住宅展示場を一通り回って貰ったカタログは、自分たちの予算に合わないものが大半だったからです。くたくたになった、展示場巡りは何だったんだ!とちょっと凹んでしまったことを今でもよく覚えています。お客さんがいないとそこらでメーカーさんの営業さんに捕まるというのも理由ですね。
でもそのおかげで、「ZEH対応モデルの標準デザイン(間取り)のUA値と坪単価」とか質問できたと思っています。
予算って大事ですよ。先にWEBで申し込んで候補を絞るのは良いと本当に思います。

我が家が使った一括資料請求サイトはこちらです。

これからZEH対応住宅について検討を始めるという方は、まずは資料請求することをお勧めします。また、コメントを頂ければ、私たちの経験からのアドバイスも出来ると思います。

利用した資料請求サイト

LIFULL HOME’S 注文住宅 ライフルホームズ

ライフルホームズは、総掲載物件数No.1・賃貸領域で総合No.1・売買、投資領域では総合No.2 と安心感を感じる会社です。

メリット
大手ハウスメーカーも地域密着型の工務店のカタログも無料
自分が希望する予算やエリアなど条件を絞り込める
24時間いつでも申し込み可能
テレビCMしていて安心感がある(他の人も利用してる)
デメリット
あたりまえだけど、全メーカー網羅してない
電話かメールが来ることもある

特に、注文住宅に力を注いでおり、大手ハウスメーカーから地域密着型の工務店まで対応しています。注文住宅資料請求一括サイトとしては良くできています。

また問合せすると「はじめての家づくりノート!」という資料がダウンロード可能。

このノートは、チェックリストや、家づくりのスケージュールなども載せてくれています。特に私が良いなと思ったのは、モデルルームに⾏ったときのチェック表ですね。書き込みも可能で、1社1社忘れないようにメモ出来て良いです。成功する家づくりのために是非手に入れておきましょう。

申し込みの方法は?こんな感じです。3分ほどで申し込みできます。

「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」使ってみた印象は?


大手ハウスメーカーで注文住宅の間取り作成 タウンライフ

ダイワハウス・積水ハウス・パナホーム・アキュラホーム・アイフルホームなど。このサイトの凄さは、「間取り」「注文住宅の費用」「土地探し」まで比較可能。簡単な入力のみで便利。ZEH対応のメーカーさんを絞って探すことも可能です。

有効的な使い方は?先に資料請求を「HOME’S」でして、興味のあるところを「タウンライフ」に申し込み、間取りなどを比較することでしょう。無料なので使わない手はありません。時間短縮になるので先に資料請求しましょう!

そこである程度絞ったメーカーのみ、自分の選択肢に加えるべきでしょう。私たちの時間は戻ってきませんが、今検討中の方は時間を有効に使ってください。

展示場に行く前に!

住宅展示場のモデルハウスの多くは、一般的な住宅の2倍以上の広さがあり、モデルハウスの家を建てられる方はまずいません。そして豪華なのです。

あくまでも、体験するのが目的。雰囲気にのまれないように!

LIFULL HOME’S 注文住宅

タウンライフ

まとめ

住宅展示場は、各ハウスメーカーの特長が体験出来る、よい場所です。しかし、具体的な家作りは、ハウスメーカーがある程度絞られてからようやく始まります。

そのため、あまり住宅展示場で理想の家探しを行っても結果として、無駄になってしまうことが多々あります。

是非、それまでに我が家のような失敗ではなく、事前に資料請求を行って、自分にあったハウスメーカーの候補を決めておくことをお勧めします。

 

関連記事はこちらも

最新のオリコンランキングも参考になります。是非見てください。

2018年の最新情報!「住宅メーカー48社の顧客満足度ランキング」byオリコン

住宅メーカー47社を対象にした顧客満足度ランキングbyオリコン

ZEH仕様にすると便利!だけど・・・いろいろと制約されることもある



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。 家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真 飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。 住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア