3月18日 遂に!28年度太陽光の売電価格が確定!さあどうする?

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

solar-cells-491703_1280

平成28年3月18日、経済産業省は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の「買取価格」及び「賦課金単価」を決定しました。「買取価格」と言ってますが、”売電単価”のことです。平成28年度の太陽光の売電価格が決まったことになります。

ZEHを考えている方はこれで前に進めますね。

調達価格等算定委員会の「平成28年度調達価格及び調達期間に関する意見」を尊重し、以下のとおり決定しました。

売電価格概要

産業用:非住宅用太陽光(10kW以上)

28年度買取価格(売電価格)(税抜) 24円/kWh

売電方式として、「全量買取」と「余剰買取」の2種類を選択することが出来ます。

住宅用太陽光(10kW未満)

28年度買取価格(売電価格) 出力制御対応機器 設置義務なし 31円/kWh

28年度買取価格(売電価格) 出力制御対応機器 設置義務あり 33円/kWh 

その他の再生可能エネルギー(陸上風力、洋上風力、地熱、中小水力、バイオマス)

これらについては、買取価格(売電価格)及び買取期間を据え置きされました。

平成28年度の賦課金単価は?

再生可能エネルギーの買取価格(売電価格)を踏まえ、算定した結果、

平成28年度の賦課金単価は、1kWh当たり2.25円(標準家庭(一ヶ月の電力使用量が300kWh)で月額675円、年額8,100円)と決定しました。

なお、平成28年度の賦課金単価は、平成28年5月検針分の電気料金から平成29年4月検針分の電気料金まで適用されます。

詳しい内容は http://www.meti.go.jp/press/2015/03/20160318003/20160318003.html

太陽光発電の売電価格・方法については

もうすぐ、平成28年度太陽光発電の売電価格が決まる!いくらになりそうなのか?
太陽光発電の売電単価は、経済産業省の「調達価格等算定委員会」という所で議論されています。そして例年3月末までに次年度以降の”売電単価”が決まります。平成28年度の売電価格がいくらにな...
【2016年どっちがお得?】ZEH(ゼッチ)補助金認定と大容量太陽光発電システム
ほとんどの方は家の購入が「人生で一番大きい買い物」だと思います。もちろん、私も同様です。しかも、35年というローンを組み一大決心をして購入に踏み切る訳です。そのため、少しでもお得に、かつロー...
太陽光発電「固定価格買取り」の疑問。売電価格の見直しはしないの?
2015年2月に経済産業省が示した、太陽光発電の買取価格は、事業用(出力10kW以上)で1kWhあたり29円(税抜)、7月からは27円(税抜)になった。これからどうなるんだろう。 「再生可能エ...
ZEH住宅での太陽光発電の「賢い買い方と選び方」について考えた
最初に、太陽光発電は、ZEH(ゼロエネルギー住宅)の補助金申請をするなら、ほぼ必須!全量買い取りはダメ。余剰買取のみOK。ZEH住宅以外でも参考になる、太陽光発電の選び方を考えてみました。 ...

スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存