平成28年度「地域型住宅グリーン化事業」 ZEH住宅で補助金 最大215万円可能かも?!

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

water-plant-821293_640

昨年に引き続き、国土交通省では、地域型住宅グリーン化事業で、ZEHに関する支援を行います。ZEH住宅に対して1戸165万円。また3世代同居の為の設備を導入で+30万円、柱・梁・桁・土台の大を「地域木材」を使用すればさらに+20万円の補助金がでます。

地元の木材を使う木造住宅であり、中小工務店や流通事業者などで構成されたグループからの提案を募集し、補助事業として採択されたものに補助を行うものです。

今、この事業者を募集していて、6月中には事業者がハッキリしてきそうです。地元の工務店向きのものになります。

平成28年度地域型住宅グリーン化事業 グループ募集開始

国土交通省は 4月27日より、平成28年度地域型住宅グリーン化事業の公募
(グループ募集)を開始しました。

募集期間:平成28年4月27日~6月3日

事業の趣旨

この事業は、地域における木造住宅の生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るために、中小住宅生産者等が木材、建材流通等の関連事業者とともに連携体制(グループ)を構築。

エネルギー性能や耐久性等に優れた、木造住宅・建築物の整備、三世代同居住宅の対応した家に対して支援を行うもの。

連携体制(グループ)で、ルールに基づいた木造住宅の建設を行う際に、費用の一部を補助するものです。

wood-1333966_640

主な狙いは・・・

(1)地域の中小住宅生産者等が供給する住宅に関する消費者の信頼性の向上
(2)関連産業の多い、地域の木造住宅市場の振興による地域経済の活性化
(3)地域の住文化の継承及び街並みの整備
(4)地域の林業・木材産業関連事業者と住宅生産関連事業者との連携構築を通じた、木材自給率の向上及び森林・林業の再生
(5)住宅の省エネルギー化に向けた技術力の向上
(6)子育てを家族で支え合える三世代同居など複数世帯の同居しやすい環境づくり

補助対象となる木造住宅・建築物の種類と上限額

①長寿命型(長期優良住宅:木造、新築) :100万円/戸
②高度省エネ型(認定低炭素住宅:木造、新築) :100万円/戸
③高度省エネ型(性能向上計画認定住宅:木造、新築) :100万円/戸
④高度省エネ型(ゼロ・エネルギー住宅:木造、新築および改修) :165万円/戸
⑤優良建築物型(認定低炭素建築物等一定の良質な建築物:木造、新築):1万円/㎡

条件によっては、金額は加算される!

先ほどの、①~④については

  1. 主要構造材(柱・梁・桁・土台)の過半に「地域材」を使用する場合、20万円加算。
  2. キッチン、浴室、トイレ又は玄関のうちいずれか2つ以上を住宅内に複数箇所設置する場合、30万円を上限に予算の範囲内で加算します、とあります。

これで考えると、ZEH対応住宅にし、上の1・2の仕様にすれば、

さらに50万円加算され、合計215万円の補助金が出ることになります。

グループ募集の受付期間

平成28年4月27日(水)から平成28年6月3日(金)(必着)
※平成28年熊本地震の被災地に所在する場合は上記の締切後も申請を受け付け
ます(詳しくは募集要領を参照)

採択通知発出日(予定)

6月下旬

※ゼロ・エネルギー住宅の補助対象戸数については、7月中旬に別途通知

詳しくは、http://chiiki-grn.jp/home/summary/tabid/98/index.php

スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. ぽぽたん より:

    はじめまして
    先日来からHMめぐりをしていて、軽い気持ちで見積もり、見学等行きましたら「来週最終見積もり出します。ZEHがもう、使えないかもしれないので、最後の値段だと思って考えてきてください」と言われ、まだ決断出来ず悩んでいたのですがこのHPで情報を得られて安心しました。
    そこは大手なので、今回の募集にも漏れても第6次募集までに検討すればいい事なのかなと思いました。

    • そうし より:

      ポポたんさま

      コメントありがとうございます。
      なかなか住宅メーカーも強気ですね。
      ZEHの補助金は、毎年ばらつきは多少ありますが、

      ①たいてい第1次公募は条件が緩い
      ②年度途中で補助金が枯渇してくると、条件が厳しくされることもある
      ③住宅メーカーによっては、年間で建てられる戸数が決まっている
      ④期限までに完成・引き渡しが必要
      ということがあります。

      私たちもいくつかの住宅メーカーと話をしたところ、3次募集ぐらいまでが引き渡しスケジュール的にリミットと言われたメーカーもあります。
      特に工務店さんのように大工仕事で家を造っていくところは、工期が6カ月程度かかる場合もあるため、契約に関してはそろそろ期限というところもあると思います。
      なので、6次公募でZEHを受けられる住宅メーカーはごくごく一部に限られ、かつ競合・選択肢も少なるので、1次は難しいかもしれませんが、今年契約するので
      あれば3次公募をリミットに数社の住宅メーカーと仕様・価格交渉をするのが費用的には抑えると思います、その分それまでがすごく大変ですが・・・
      即答はなかなか難しいですが、何かあればコメント頂ければなるべく早めにご回答出来るとかと思います。

      来年度もたぶん、ZEHの補助金はあると思います。ただ、もっと補助金額を減らしてくると思います。(あくまで予測ですが・・・)
      このあたりを念頭において、今年どうするか決めたらいいかなと思います。
      ちなみにZEHの補助金は、完了報告を提出し、SIIに承認されたら現金一括で振り込まれます。

  2. ぽぽたん より:

    そうし様
    早速教えて頂きありがとうございます。当たり前の事かもしれませんが、ZEHは後から振り込まれるんですね。
    いまの見積もりですと、総額から引かれていたので気づきませんでした。笑
    アドバイスを参考に第三次募集位を念頭に動きたいと思います。
    このHPに会えて、冷静になれ良かったです。ありがとうございます。

    • tora より:

      ポポたんさま
      少しでもお役に立てて、よかったです。

      消費税も10%になるか、二転三転あってハッキリしないし、
      タイミングって難しいですよね。

      でも今は住宅ローンも底値ですし、今年やる価値はあると思います。
      あとから振り込まれる補助金も、現金なので入居後の物入りな時期に嬉しいですよ。

      私たちがZEH住宅を建てる際に、困ったこと・失敗したことを書いているので、
      少しでも参考になったのなら嬉しいです。

      また何かあれば、私たちがわかる範囲であればお答えできると思います。

  3. ななりばー より:

    非常識な質問だったら申し訳ありません。
    この補助金をもらうための条件が色々ありますが、大手ハウスメーカーだと対象外ということでしょうか。

    長期優良住宅、三世代同居になります。
    7月9日に着工開始、11月15日に完成予定です。宜しくお願いします。

    • tora より:

      ななりばー様
      コメントありがとうございます。

      すでに、どこかのメーカーさんとご契約をされていると思いますので、
      ご自分の契約した会社が、この事業に対応しているのか気になりますよね。

      ご質問の回答ですが、残念ながら大手ハウスメーカーは対象外です。
      念のため電話で確認しましたが、同じ回答でした。

      この補助金は、地域の木材を利用した中小工務店など※を対象とし、
      中小の工務店、プレカット工場、設計事務所などを利用した場合、補助金が出ます。

      ※は、このような事業者になります

      Ⅰ 原木供給(素材生産事業者・原木市場等)  Ⅱ 製材・集成材製造・合板製造
      Ⅲ 建材流通(木材を扱わない事業者を除く)  Ⅳ プレカット加工  Ⅴ 設計
      Ⅵ 施工   Ⅶ 省エネルギー設備等の流通 Ⅷ 木材を扱わない流通
      Ⅸ その他(畳、瓦、襖等の住宅資材の供給事業者)

      http://www.mlit.go.jp/report/press/house04_hh_000642.html

      今は、この事業を行う工務店等を6/3まで募集していて、私たち一般の方は
      7月以降工務店とやり取りすることになります。

      申し込む場合、「平成28年度地域型住宅グリーン化事業」に採択された事業者グループが
      インターネット上に発表されるので、その会社に連絡してその事業者グループで家を建てることになります。
      その場合、補助金が出ます。

      この事業の補助金は、3世代同居で条件を満たせば、最大215万円ですので、補助金額が大きいのですが、
      木造の地域工務店で建てたい方向けの補助金になります。

      ただ、この書類も含めて手続きが大変らしいので、「工務店もこの手続きを
      タダではやらないだろう」と事務局の方も話してました。

      現在、公募募集の最終週で大いそがしで、6/3までは電話の問い合わせは控えてくださいと
      言われました。

      詳しく知りたい場合は、来週以降TELするか、もしくは採択された事業者が発表される7月以降HPをみるかになります。

      http://chiiki-grn.jp/home/tabid/97/index.php

      今の、ななりばー様の状況が、どのような状況かはわかりませんが、少しでも問題が解決できればいいのですが・・・。

      イメージとしてはこんな感じになります。
      http://www.mlit.go.jp/common/001114120.pdf