「フラット35」2016年6月の金利8カ月ぶりに上昇 今は借り時か?




signature-962364_640

「フラット35」の金利が上昇しました。遂に?民間金融機関、2016年6月の適用金利は、昨年10月以来、8カ月ぶりに上昇。「フラット35」に限っては、ずっと下がっていたので遂に?!と思ってしまいましたが、と言ってもまだまだ数年前より低金利ですから・・・。まだまだ大丈夫・・・。

 

フラット35 2016年6月の金利

flat35-2016-06

出典:フラット35

 

返済期間21年以上35年以下

2016年6月の住宅ローン金利は、融資率9割以下で返済期間21年以上35年以下タイプの金利幅は1.100%~1.710%。前月比でいうと、△0.020%~▲0.060%。

最頻金利は1.100%(前月比△0.020%)で8カ月ぶりの上昇となりました。

「最頻金利」とは、最も多くの銀行が提示してる金利の事で、これと同じ金利になるわけではありません。

 

返済期間20年以下

返済期間20年以下、融資率9割以下での金利幅は0.990%~1.600%。前月比でいうと、△0.030%~▲0.050%。

最頻金利は0.990%(前月比△0.030%)で、こちらも8カ月ぶりの上昇となりました。

 

なぜ金利が上がったのか?

住宅ローンの金利を直接左右するわけではないのですが、住宅ローンの変動金利はおもに「短期金利」、固定金利はおもに「長期金利」の影響を受けます。

住宅金融支援機構は、今回金利を引き上げた理由について、指標となる長期金利の低下が、このところ鈍化していることを受けたものだとしています。

 

金利が変動すると、返済額がどう影響するか知りたい方はこちらも!

2016年5月、住宅ローン「フラット35」の金利は史上最低に!

 

関連記事はこちらも

消費税10%が先送りに!いつ住宅を購入したらいいのか?考える

4/1「フラット35S」の基準変更!ZEH住宅申し込みの方も必見!

住宅ローンを組むとき、銀行はどんな審査をしてるのか?国交省調査 結果から

住宅は今買い時?マイナス金利だからこそローンは慎重に!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。 家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真 飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。 住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア