2016年10月の住宅ローン「フラット35」の金利はどうなった?

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

new-home-1664272_640

2016年10月の長期固定型の住宅ローン「フラット35」の金利は最長35年の金利が2か月連続で上昇。どこで組もう?早めに審査し、他と比較しよう!今こそ、自分たちのライフプランもしっかり考えるチャンスです!

フラット35 2016年10月の金利

flat35-201610-1

出典:フラット35

詳細は、http://www.flat35.com/kinri/index.php/rates/top

返済期間21年以上35年以下

2016年8月の住宅ローン金利は、融資率9割以下で、返済期間21年以上35年以下タイプの金利幅は年1.060%~年1.610%

最頻金利は年1.060%で、2か月連続で上昇しました。

「最頻金利」とは、最も多くの銀行が提示してる金利の事で、これと同じ金利になるわけではありません。

返済期間20年以下

返済期間20年以下、融資率9割以下での金利幅は年0.950%~年1.500%。

最頻金利は年0.950。

返済期間35年金利の推移平成25年からの金利の推移

融資率9割以下で返済期間21年以上35年以下タイプの金利

flat35-201610-2

出典:フラット35

全体的には、じわじわと下がっていましたが、この2か月は上昇。ほとんどの人はこれで組むから金利は下がれば嬉しい。

融資率9割以下で返済期間20年以下タイプの金利

flat35-201610-3

出典:フラット35

こちらも、同様、じわじわと下がってますね。20年でローンが払えそうだよっていう方は、「フラット35」の20年で組むという手もありますよね。金利もフラット35より低いですし・・・。こちらは、ほぼ変動はありません。

最近の動向・注意点

8月に過去最低金利を更新した影響もあり、借り換え案件が各銀行で急増したといいます。

申し込みから住宅ローン実行までに2ヶ月程度かかるケースもあったと記事やWEBサイトでも見ました。年内に住宅ローンの検討している方は、はやめの事前審査申し込みをおすすめします。

ローンを組む際に私たちも、いろいろ考えました。変動金利・フラット35・固定10年などなど・・・。今は変動金利がとても低いですが、危険を考えてフラット35で組み、20年を超えたあたりで一括返済や、繰り上げ返済できないか?と考えました。

ちょうど子供が大学を卒業するタイミングにあたり、お金に余裕がでるとも考えたからです。住宅ローン減税があるので、はじめの10年は残高を多少残すのも、悪くないとも考えました。

住宅ローン減税

今は、金利がこれだけ下がっている上に、家を購入すると、住宅ローン減税が実施されています。住宅ローンの年末の残高が、長期優良住宅・低炭素住宅の認定を受けた住宅なら5000万円。一般住宅なら4000万円の1%が税金から控除される仕組みです。

5000万円なら50万円、4000万円なら40万円が最大控除されます。ただし、もともと所得税を10万円しか払っていなかったら、10万円しか控除されません。

これを考えると、そこそこ税金を払っている方は、この住宅ローン控除が実施されている10年間は、ローン残高を残し控除を受けた方がお得かもしれません。さらに、控除し切れなければ、翌年の住民税が軽減されてきます。

家を手に入れられて、税金も控除される、さらに今はマイナス金利・・・計画があるなら家を買った方がお得な感じです。私も家を購入する前までは、家を買う人だけずるいなあと思ってたくらいです・・・。

単純に考えても、住宅ローンの金利が1%以下で、ローン減税が1%なら差し引きすればプラスなのではないでしょうか?

考え方しだいですが・・・

住宅ローン控除の条件や必要書類は?これで最大50万円還付か?
我が家は、2015年から家に住み始めたので、今年の確定申告に「住宅ローン減税」の申告をする予定で、現在準備を進めています。これからZEHで家を建てる方!2016年に住み始めたら、翌年2017年に確定...

さいごに

どの金利型が自分たちのライフプランにあっているのか、ローンの種類も一度調べて、安心材料を少しづつ増やしましょう。審査を先にやることは重要です。私たちと同じようにならないでください。詳しくは「私たちの失敗談」もご覧ください。

金融機関に一度の入力で、複数の銀行の審査申込ができるのは、株式会社イッカツの住宅ローン一括審査申し込みだけです!

人生最大の買い物なのに、比較しないんですか?
住宅ローンを提携ローンだけで決めてしまうと損をする可能性も。

▼『住宅ローン一括審査申し込み』はコチラから▼


金利が変動すると、返済額がどう影響するか知りたい方はこちらも!

住宅は今買い時?マイナス金利だからこそローンは慎重に!
日本銀行(日銀)が1/29に「マイナス金利」導入を発表しました。これから住宅購入を検討されている方には、住宅ローン金利が下がるので非常によい施策にも見えるかもしれません。 しかし、金利...
住宅金融支援機構「フラット35利用者調査」を発表。思った以上に皆、堅実にお金を借りてる!
2016年6月30日、住宅金融支援機構は、「フラット35利用者調査」を発表しました。他の人がいくら借りているとか、返済率は幾らだとか・・・下世話な話はお友達同士でもなかなか出来ないですよね。...
消費税10%が先送りに!いつ住宅を購入したらいいのか?考える
安倍総理大臣が消費税率10%への引き上げを、2019年10月に延期する方針を固めたと、にわかに政局が動いています。明日6/1以降、首相がこれについて言及するかも?という話も出ており、私たち消...
4/1「フラット35S」の基準変更!ZEH住宅申し込みの方も必見!
フラット35Sの基準が、2016年4月1日から変わった!どう変わったの?見ていきたいと思います。「フラット35S」は金利引下げ幅年▲0.3%ですが、予算金額があり予算に達すると受付け終了しま...
住宅ローンを組むとき、銀行はどんな審査をしてるのか?国交省調査 結果から
3月11日、国交省 住宅局は「平成27年度 民間住宅ローンの実態に関する調査 結果」を発表しました。その中で、銀行がどんな審査をしているか分かりました。また金利については、変動金利を...

スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存