「28年度第2次補正予算案」成立。ZEH補助金総額で100億円!

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

2016-zeh-hosei

10月11日の参院本会議で、3兆円超の「28年度第2次補正予算案」が可決・成立しました。平成28年度補正予算額は100億円。これで、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及加速事業」は28年度内は継続して行われることになりました。安心です。

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及加速事業

ZEHの普及を加速化することで、住宅省エネ投資を喚起し、新たな有望成⻑市場を創出します。これにより、2020年(平成32年)までに新築⼾建住宅の過半数でのZEH実現を⽬指します。

この事業は経済産業省による事業。平成28年度補正予算額は100億円。

平成28年度第2次補正予算について(PDF形式)

事業⽬的・概要

2020年(平成32年)までに新築⼾建住宅の過半数をZEH※とすることを⽬指し、ZEHの価格低減及びZEHの普及加速化、並びにこれによる住宅への省エネルギー投資拡のため、⾼性能建材や⾼性能設備機器、蓄電池等の組合せによるZEHの導⼊を⽀援します。

※ ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス):年間の1次エネルギー消費量がネットで概ねゼロ以下となる住宅。⾼断熱化、20%以上の省エネルギーにより、住宅で消費されるエネルギーを⼤幅に削減した上で、再⽣可能エネルギーの活⽤により、年間で消費するエネルギーをまかなうこと(ネット・ゼロ・エネルギー)を実現。

⽀援対象は?

⽀援対象は、「ZEHビルダー※ 」によって設計・建築・改築されるZEHのみ。

※ ZEHビルダー:2020年までに⾃社の受注、建築、改築等する住宅の過半数をZEH化するという⽬標を設定・公開して登録を受けたハウスメーカー、⼯務店等。

2016年9月28日時点で、SIIに登録されているZEHビルダーは3,340件となっています。

ZEHビルダー 一覧検索ページ

成果⽬標

ZEHの普及を加速化することで、住宅省エネ投資を喚起し、新たな有望成⻑市場を創出します。これにより、2020年までに新築⼾建住宅の過半数でのZEH実現を⽬指します。

今後のスケジュール等について

補助事業者は、一般社団法人環境共創イニシアチブ(略称「SII」)

補助事業の公募の時期、内容等については、経済産業省と補助事業者で協議を行い、その後、ホームページ等で公表いたしますので、しばらくお待ち下さいとあります。

さいごに

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及加速事業」は、2020年までに新築戸建住宅の過半数をZEH化とすることを目指す事業です。

事業目的にもあるように、ZEHの価格低減・ZEHの普及加速化を推進し、⾼性な建材・設備機器、蓄電池等の組合せによるZEHの導⼊を⽀援します。

28年度内の事業で期間は短いですが、今から家を建てる方は選択肢に入れたい補助金ですよね。詳細がどうなるのか気になります。分かり次第、書いていきたいと思います。

関連記事はこちらも

平成28年度第2次補正予算がもうすぐ通過?2016年9月以降 家を建てる方が使えそうな補助金は?
平成28年度第2次補正予算で、「ZEHで補助金」が出そうですね。これから住宅を建てる方!補助金や税制改革など気になりますよね?とくに補助金関係は4月開始が多いので、補助金も枯渇して、9月以降...
祝!平成28年度の第2次補正予算案に「ZEH補助金100億円」今年度は継続予定!
政府は8月24日の臨時閣議で、平成28年(2016)度の第2次補正予算案を決定し、本年度は継続して、ZEHの補助金が出そうです。本日25日から執行団体の募集を開始しています。期間は平成28年...
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存