29年に家を建てることを検討中の方!29年度ZEH補助金の概要が発表されました。

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 3

3月13日、平成29年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業)」の概要が、経済産業省のHPに公開されました。嬉しいのは、2020年からの自立普及を目指し、ZEHの価格低減を推進するため、ZEHのための外皮・設備の販売価格(平米当たり単価)が一定以下であるZEHを補助対象とすると書いてあることでしょう。

29年度ZEH補助金の概要(予定)

簡単に言うと・・・

  • 補助金額は一律75万円
  • 蓄電池においては、4万円/kWh(上限40万円又は補助対象経費の1/3)
  • 1、2地域のNearly ZEH(寒冷地特別外皮強化仕様)は継続。(ただし増額は廃止)

補助対象等なども記載がありました。

朗報!ZEHの価格低減推進

2020年からの自立普及を目指し、ZEHの価格低減を推進するため、ZEHのための外皮・設備の販売価格(平米当たり単価)が一定以下であるZEHを補助対象とします。

と、高額なメーカーさんには不利になったのでしょうか?それともZEH関連の部材や機器だけ安く見せてくるのでしょうか?消費者としては見極めなくてはいけません!!

ZEHビルダーの皆様におかれましては、住宅の多様性を保ちつつ、設備等が過剰スペックとならないように留意して、自立化に繋がるようなZEHの普及を目指すようお願いします。
具体的には、「計上対象とする補助対象経費」が執行団体の設定する「ZEH補助対象費用上限単価(万円/㎡)」を下回ることを条件とします。

上限単価についてはこれから発表予定ですが、一部はこちらを見てください。

補助対象について

  • 補助対象となる者及び住宅は、平成28年度事業から変更なし。
  • 設備等の要件は基本的に変更なし。
  • 寒冷地(1、2地域)の場合は2.7以上であること(平成28年度事業と同じ)

ただし、電気ヒートポンプ給湯機について、貯湯缶が一缶のものに係るJIS基準(JIS C 9220)に基づく年間給湯保温効率・年間給湯効率を3.0以上から3.3以上に変更します。なお、貯湯缶が多缶の場合は、3.0以上のまま。

平成29年度 ZEH 補助金額

補助額は75万円/件。補助件数は9,700件程度を想定しています。

1、2地域のNearly ZEH(寒冷地特別外皮強化仕様)は引き続き補助対象となります。
なお、1、2地域の寒冷地特別外皮強化仕様のZEHへの補助金額の増額は廃止となっています。

蓄電池の補助額は4万円/kWh(上限40万円又は補助対象経費の1/3)と、全体的に減額になりました。

ZEHビルダーの公募、登録について

ZEHビルダーの公募、登録を継続します。平成28年度事業において登録を行ったZEHビルダーは自動継続登録となります。
※ ただし、平成28年度のZEHビルダー実績報告書の提出のないZEHビルダーの建築等した住宅は補助対象外となります。

申請の柔軟化

建築物省エネ法第7条に基づく省エネ性能表示(BELS等第三者認証に限る)を活用し、次のとおり補助金申請の柔軟化を行います。

・補助金申請時において、外皮計算書、エネルギー計算書の提出を不要とします。
ただし、従来の実施計画書に相当する書式の提出は引き続き必要です。

・交付決定を受けた補助事業者は、実績報告書の提出時までにBELS等を取得して執行団体に提出して下さい。

・提出されるBELS等においては、エネルギー消費削減率及び外皮平均熱貫流率(UA)について、実施計画書において申請された性能と同じまたは上回ることが必要です。

BELS等第三者認証を取得して、それを信じるというやり方になるという事ですね。

また、こうもあります。↓

申請の簡便化の一つとして、ZEHビルダー各社において、ZEHの要件を満たす標準的な外皮仕様(規格化された住宅仕様)を有する場合は、当該仕様における一般的な外皮の経費を執行団体へ申請し、登録を受けることができるものとし、当該登録を受けた仕様を用いる住宅については、補助金申請の際に個別の経費(外皮)の計上を不要とします。

一般的なそのメーカーの標準仕様を登録すれば個別の計算をしなくて良いということですね。建売向きかなあ?とにかく手続きを楽に簡単にしたいということの様です。

一般公募スケジュール及び公募回数

さいごに

これ以外に、採択の条件も記載されています。

これから追記予定ですが、消費者としては家の総額が下がり、朗報ともいえるのでは?

詳しくは、http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/170313a/

関連記事はこちらも

2017年度(29年度) ZEH補助金の執行団体がSIIに決定
29年度の予算は決まってませんが、もうすぐZEHの公募の詳細が発表されそうですね。29年度ZEH補助金の事務手続き等を行う執行団体が、SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)に決まりました...
29年度の概算要求から考えた、家を購入・リフォームする方が使える補助金はこれだ!
2017(平成29)年に、新築住宅 や 中古住宅 の購入、リフォームを考えている方!補助金や税制改革など気になりますね。29年度の概算請求に上がっているものを整理し、準備をしましょう!では、...
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. 次郎 より:

    はじめまして。今年一条○務店で杉並区に三世代で新築一軒家を建てるものです。
    今週初めて建築家と打ち合わせがあるので出来るだけ情報を集めておりましたが
    私が調べる限りでは補助はこちらだけかなと思っております。
    もしほかで受けれるようなものがあれば教えていただければ幸いです。

    ①すまい給付金
    住宅ローン減税 ○
    給付金 年収でX

    ②ZEH

    • tora より:

      次郎様
      初めまして
      コメントありがとうございます。

      三世代で新築の一軒家を建てるとのこと、東京で家を建てるのは大変ですよね。
      都内に戸建てとは、羨ましいです。

      さて、考えつくものを書いてみました。

      【 給付金 】

      ・すまい給付金 (すまい給付金事業推進コンソーシアム:http://sumai-kyufu.jp/

      【 補助金関係 】

      ・住宅ストック循環支援事業※ (住宅ストック循環支援事業補助金:https://stock-jutaku.jp/rebuilding/
      ・ZEH支援事業 + 蓄電池補助金※ (環境共創イニシアチブ:https://sii.or.jp/
      ・エネファーム (燃料電池普及促進協会:http://www.fca-enefarm.org/

      ※マークを付けたものはどちらか一方しか受けられないです。

      【 減税など 】

      ・住宅ローン減税※
      ・長期優良住宅※
      ・認定低炭素住宅※
      ・贈与税の非課税措置

      http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000076.html
       
      ※長期優良住宅の投資型減税と住宅ローン減税の重複適用はできません。
      ※低炭素住宅も投資型減税と住宅ローン減税の重複適用はできません。

      【金利優遇】

      ・フラット35S
      (住宅金融支援機構:http://www.flat35.com/loan/flat35s/

      とくに、補助金関係は家を建てる前に仕様を考えるので良いのですが、税制優遇措置(減税)についても、
      家を建てる前に申請しないと受けられません。

      意外と税金の優遇は大きく、収入の大きい方ほどしっかりと考えておくと良いと思います。

      また、区や東京都などによっては独自の補助金もあると思うので、広報をこまめにチェックするといいです。

      4/1以降に補助金関係がHPや広報などで見えることも多いのですが、今のうちに区役所に足を運んだり、電話して
      昨年まで何があったかなど調べておくことをお勧めします。

      また、3世帯や2世帯住宅を建てる場合に補助金も出ることもありますが、その場合、水回りやドアは必ず2つ以上必要だったり
      条件があるので、最初にどの「補助金」や「税制優遇」を利用するのか考えないといけないと思います。

      また、もしも建て替えならもっと違う補助金もあると思うので、一条さんに聞いてみると良いと思います。

      宜しければ、我が家の失敗談も読んでみてください。

      また、関連記事は https://xn--ickm4b1dyhj3iu63z37wa.jp/2017/03/01/subsidy-2017-2/ になります。

  2. 次郎 より:

    TORA様 アドバイスありがとうございます。
    厳密にいうと現在両親の一軒家(借地、築50年)を一度壊して、新築を建てます。
    ちなみに借地の土地は地主から今月取得になります。

    たぶん4月になると色々と出てくるので調べたいと思います。
    少しでもお得に家を建てれればと思っています。