住宅用太陽光買取価格 29年度は1kWhあたり28円。来年度以降の価格も発表




 

経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の平成29年度の新規参入者向け買取価格を発表。気になる住宅用太陽光は、10kW未満 ①出力制御対応義務なし1kWh 28円。②出力制御対応義務ありで1kWh 30円。28年度と比べると3円引き下げられます。また、住宅用太陽光(10kW未満)は平成31年度まで決定しています。

 

平成29年度以降の太陽光発電の買取価格

平成28年12月に発表された、調達価格等算定委員会の委員長案がそのまま採用されています。

住宅用太陽光(10kW未満)

期間は10年間

電源規模(参考)
平成28年度
平成29
年度
平成30
年度
平成31
年度
太陽光(出力制御対応機器設置義務なし)10kW未満31円28円26円24円
太陽光(出力制御対応機器設置義務あり)10kW未満33円30円28円26円
太陽光(出力制御対応機器設置義務なし、ダブル発電)10kW未満25円25円25円24円
太陽光(出力制御対応機器設置義務あり、ダブル発電10kW未満27円27円27円26円

 

平成31年度まで決定しています。

出力制御対応機器設置義務なし
(東京電力・中部電力・関西電力管内)

出力制御対応機器設置義務あり:
(東京電力・中部電力・関西電力以外の地域)

 

非住宅用太陽光(10kW以上)

期間は20年間

非住宅用太陽光(10kW以上2,000kW未満)といいます。10kW以上はみんなこの名称になります。ダブル発電しても価格はこのまま。

電源規模(参考)
平成28年度
平成29年度
太陽光10kW以上
2,000kW未満
24円+税21円+税

 

平成29年度まで決定。

参考:http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170314005/20170314005.html

 

この買取価格は変動するの?

我が家も、太陽光発電を導入するタイミングになって、不安になったので書きますが、この買取価格は今年度に導入した場合は、10kW未満なら10年。10kW以上なら20年の買取が保証されています。

「固定価格買取制度」といわれるのは、そのためです。

 

さいごに

太陽光は28年度と比べると、10kW未満なら、3円引き下げられる事になった訳ですが・・・

ただ、太陽光発電システムの性能は上がっているので、買取価格が下がったと言っても悲観する必要はありません。

しっかり曇りの地域が多いとか、面積は少ないけど効率を重視したいとか・・・その地域や敷地に合わせたプランを作ってもらえば良いのです。

参考になるサイト:

電話の感じでも、群を抜いて感じが良いのはココでしょう。プランがある程度決まり、屋根のサイズが決まっていたらココ。

資料請求・見積もりはココ:No.1太陽光見積りサイト【ソーラーパートナーズ】

 

また、タウンライフというサイトなら、太陽光発電システムだけでなく、トータルでZEHのプランまで作ってくれます!しかも、無料です。まだ、ハウスメーカーも決まってない方は、こういう選択肢もあります。

 
注意:見積もりなどは、住宅メーカーだけだと言いなりになるので、必ず数社取り寄せましょう。

 

関連記事はこちらも

2017年に家を建てるとき はじめから新電力会社と契約できるのか?売電・買電の疑問

ZEH補助金対象の蓄電池は、経済的メリットはないけど災害(地震)対策にはいいかも!?

29年度 ZEH 公募説明会の事前エントリー まもなく開始!

サイトの太陽光発電関連記事について



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。 家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真 飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。 住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア