平成30年度(2018年)の予算審議始まる。ZEH補助金は継続!補助金額は幾らになるの?




本日1月22日、政府は通常国会のため招集、平成30年度(2018年)の予算案を国会に提出した。一般会計総額は 97兆7128 億円と過去最大。年度内の成立を目指すことになり、ZEHの補助金ももうすぐ判明しそう。ここまでくると、概算要求で上がっていたものは、ほぼ予算通過すると思って良さそうです。

平成30年度(2018年)も、ZEH補助金は継続!

ZEHの補助金が始まった際 補助金は数年で終わるかもと言われたけど・・

でも実際は、毎年のアンケート調査でも判明していますが、ZEH住宅は普及していません。まだまだ、これから。

普及していないから、補助金も出るのでしょう。

「ZEH調査発表会2017」 平成30年度に家を建てよう!と検討中の方必見!

2018年度(30年度)も、ZEH補助事業は継続。環境省・経済産業省・国土交通省との3省連携に

なぜ、今、ZEHなのか?

ZEHってどこに向うの?日本が向かっている方向は?NEDOのレポートより

平成30年度のZEHに対する支援はコレ

1月22日、 国土交通省主催の「良質な住宅・建築物の取得・改修に関する最近の支援制度」の話を聞いてきました。

夏涼しく冬暖かい家に住みたい!住宅を新築・リフォームされる方向け平成30年度「省エネ支援制度」

国土交通省担当官が説明してたのですが、本日貰った資料を見ると、環境省・経済産業省・国土交通省が一括りにされている事業も多いんです。まだ分かりませんが本当に、3省で同時にやるのかもしれません。

でも、支援施策の名前を見ると・・・いくつかありました。

 

注意!予算通過しないと補助金額も確定しません。あくまで参考に!!

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業

(環境省・経済産業省・国土交通省)

ZEHビルダーにより建築されるZEH+の導入や集合住宅におけるZEHの実証を支援

補助率:定額 戸建:115万円 集合住宅:2/3など

新築・改修

ZEH化による住宅における低炭素化促進事業

(環境省・経済産業省・国土交通省)

ZEHを新築または改修しZEH化等により低炭素化となるものに対し、一定額を補助。

補助率:定額 戸建:70万円 集合住宅ZEH:2/3など

新築・改修

地域型グリーン化事業

(国土交通省)

中小工務店においてゼロ・エネルギー住宅等にすることによる掛かり増し費用

補助率:1/2 補助限度額は条件による

新築・改修

 

となっています。該当しそうなものを掲載します。

1.ZEH(ゼロエネルギー住宅)等の推進にむけた取組

【経済産業省】
・将来の更なる普及に向けて供給を促進すべきZEH
・燃料電池の利用拡大に向けたエネファーム等導入支援事業費補助金

より高性能なZEH、建売住宅、集合住宅(中高層)

【環境省】
・引き続き供給を促進すべきZEH

注文住宅、集合住宅(低層)

【国土交通省】
・中小工務店が連携して建築するZEH

おもにZEHの施工経験が乏しい事業者に対する優遇

2.地域型グリーン化事業

【国土交通省】
・地域型住宅グリーン化事業

地域における木造住宅の生産体制を強化し、資材供給、設計、施工などの連携し、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築物対して支援。

こちらは以下のように3つに分かれ

  • 「長寿命型」長期優良住宅
  • 「高度省エネ型」認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅、ゼロ・エネルギー住宅
  • 「優良建築物型」認定低炭素建築物など一定の良質な建築物

「高度省エネ型」というのがZEHになります。30年度は、補助金は125万円。ただし施工経験が4件以下の事業者だと140万円補助金がでそうです。

さいごに

もちろん予算が通過しないと補助金額も分かりませんが、今回はZEHの補助金だけ載せました。でも、家を建てるのに利用できる補助金はまだまだあるし、税金のことも、住宅ローンについても気になります。

本日参加した「良質な住宅・建築物の取得・改修に関する最近の支援制度」で頂いた資料を整理して、後日載せようと思います。

関連記事はこちら

2017年の最新情報!「住宅メーカー47社の顧客満足度ランキング」byオリコン

住宅メーカー47社を対象にした顧客満足度ランキングbyオリコン

我が家の失敗談も良かった見てください



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。 家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真 飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。 住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア