「ZEHロードマップ」の「ZEHの定義」について今一度考えてみる




ZEH(ゼッチ)という言葉ばかり当サイトも先行して書いていますが、「ZEHロードマップ」の「ZEHの定義」についてあまり触れてきませんでした。この「ZEHロードマップ」における「ZEHの定義」という言葉はこれから色々なところで目にしたり、耳にすることもあると思います。私も良く分からないこともあったので、今一度整理したいと思います。

 

ZEHのロードマップというのは、そもそも何?

はてはて、何のことだ?と思います。

ZEHのロードマップというのは、国(経済産業省)が作ったZEHを普及させるための工程表のことです。ここに「ZEHの定義」も明記されています。

まず、そもそもZEHとは、こうあります。(経済産業省のホームページ)

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

固すぎる文章でよくわかりません。

色々なところに出てくるZEHロードマップの「ZEHの定義」

以下は、ZEHの補助金の定義に書かれている文章の抜粋です。赤い字に書いてある言葉を読むと・・・ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」と書かれています。

以下の要件を全て満たす住宅であること。

① ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」を満たしていること。
1) 住宅の外皮性能は、地域区分毎に定められた強化外皮基準(UA値)以上であること。
2) 設計一次エネルギー消費量は、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から25%以上削減されていること。
3) 太陽光発電システム等の再生可能エネルギー・システムを導入すること。
売電を行う場合は余剰買取方式に限る。<全量買取方式は認めません>
4) 設計一次エネルギー消費量は、再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されていること

ZEHの補助金の要件には必ず登場する言葉、ZEHロードマップにおける「ZEHの定義」って何だろう・・・これを調べなくては!となりますね。

 

まず、ZEHロードマップやZEHの定義を考える前に、なぜZEHと言い始めたかを考えてみようと思います。

なぜZEHと言い始めたか?

背景には、地球温暖化問題などがあります。

日本は発展し豊かになりました。そのなかで産業部門は省エネを頑張っているのに、民生部門(家庭のこと)の省エネは進んでいなかったので、国は、家庭部門のエネルギー消費状況に注目しました。

調べてみると、2013年度におけるシェアは動力・照明(36.1%)、給湯(27.6%)、暖房(25.3%)、厨房(8.5%)、冷房(2.5%)と分かったそうです。

↑増加傾向だったものが、今は横ばいという感じです。

そして核家族が増え、世帯ばかりは増えていっている・・・そういう現状もあるようです。世帯が増えるのは止められないから、せめて自家消費にシフトして貰おう!と考えているように思えます。

CO2を減らす社会を考えたとき、国は家庭部門においては、ZEHを普及させようと考えたわけです。

そういった背景もあり、住宅でのエネルギー消費を極⼒抑え、災害時でもエネルギー的に⾃⽴した住宅として、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が注⽬されているのです。

詳しいく知りたい方はこちらも

ZEHってどこに向うの?日本が向かっている方向は?NEDOのレポートより

ZEH推進協議会 小山さんのセミナーを読み解く「なぜ今、家を建てるならZEHなのか?」

ZEHのロードマップによると、ZEHとは?

ZEHのロードマップによると、ZEHとは・・・こうあります。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の⾼断熱化と⾼効率設備からできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅

「エネルギー基本計画」で、ZEHの実現・普及⽬標が決まった

2014年、国の「エネルギー基本計画(2014年4⽉閣議決定)」で、ZEHの実現・普及⽬標が設定されています。

① 2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現
② 2030年までに、新築住宅の平均でZEHを実現

この⽬標を達成するために、

(1)ZEHの定義・評価⽅法、(2)ZEHの普及⽅策を検討することを⽬的として、⼤学教授やハウスメーカー・⼯務店の担当者等で構成されるZEHロードマップ検討委員会を設置。

現在も新しいZEHロードマップが制作されている途中です。

意見を募集していたのが最近なので、まだ途中だと思います。新しいZEHのロードマップはこちらから。2018年 3/23現在 ZEHロードマップフォローアップ委員会とりまとめ(案)

 

話は戻りますが、ZEHの定義・評価⽅法(課題)が必要ということで、ZEH定義やZEHの基準を考えたそうです。

理由としては、明確なZEHの定義、⽬標設定がないことから、ハウスメーカー・⼯務店等にとってはZEHをアピールできない。消費者側にとってはZEHの理解が進まないのが現状。

また、ZEHをどのように評価するのかなども問題になり、以下を考えた結果、ZEH定義やZEHの基準を決めたそうです。

  • 設計段階、運⽤段階のどちらで評価されるのか
  • どのような住宅が対象となるのか
  • 壁や屋根等の断熱はどこまで必要か
  • どの設備が対象になるのか(暖冷房、照明、給湯・・・)
  • 太陽光発電をたくさん載せてもよいのか、余剰電⼒はどのように評価されるのか
  • どうすれば⽬標を達成したことになるのか
  • 「2020年までに、標準的な新築住宅でZEHを実現する」の「標準的な新築住宅」とは
  • ハウスメーカーや⼯務店等はどの程度努⼒すればよいのか

ZEHの定義とは?

①躯体を高性能化し、⾼断熱基準をZEH基準として設定

省エネ基準を強化した⾼断熱基準をZEH基準として設定

将来的に住宅分野における省エネを確保し、優良な住宅物件を形成するために、まずは躯体の⾼性能化をしましょう!ということ

地域ごとに外⽪平均熱貫流率(UA値)というものでZEH基準を決めてます。例えば東京なら地域 6で、UA値0.6になります。躯体の⾼性能化をするにあたり、このZEH基準をまずクリアしましょう!ということになります。

躯体というのは、家の床や壁、梁など建物の構造を支える骨組のことを指します。高性能な断熱材や、高断熱な窓を使いましょうということです。

実は、ZEHは躯体が一番大事です

どのセミナーやどの会社で話を聞いても、必ず言われるのは「躯体が一番大事だよ」という話です。躯体が良ければ、エアコンの効きも良くなるので、躯体って本当に大事だと私も思います。

ZEHの「⾼断熱基準」を満たした上で、快適な室内空間を保ちながら、エネルギーを上
⼿に使うためには、空調設備、換気設備、照明設備、給湯設備等の⾼効率化が重要です。

②空調設備、換気設備、照明設備、給湯設備等の⾼効率化

省エネ基準よりも20%以上の省エネをZEH基準として設定

躯体を⾼断熱化したあとは、空調設備・換気設備・照明設備・給湯設備等の効率をあげ、省エネ基準よりも20%以上の省エネをZEH基準としましょう!ということ。

計算⽅法は省エネ基準を使いますが、20%省エネの対象は、空調・給湯・換気・照明設備のみ。電気を使うものすべてではない。

空調設備・換気設備・照明設備・給湯設備等はZEHに必要な設備とされ、これらは導入しないといません。

③太陽光発電等でエネルギーを創り、正味でゼロ・エネルギー

太陽光発電等でエネルギーをつくり、正味でゼロ・エネルギーにする。

正味で100%省エネを達成したものをZEH

①⾼断熱基準、②設備の効率化で20%以上省エネをしたうえで、太陽光発電等でエネルギーを創り、正味でゼロ・エネルギーにするのがZEH基準としましょう!ということ。

ただし、屋根が⼩さい・⽇射が当たりくい住宅もあるので、エネルギーを創ることに限界がある家は、同じ評価で不公平ですよね。Nearly ZEHといって正味で75%省エネというものも認められています。

今年は、再生可能エネルギー未導入でも可能な ZEH Orientedも導入されます。

ZEH・Nearly ZEH・ZEH Orientedの違いは?

ZEH・Nearly ZEH・ZEH Orientedの違いは?ここまで見てきたZEHの基準①・②を満たしたうえで、太陽光パネルの創エネ部分の違いだけです。

  • 正味で100%省エネ達成→ ZEH
  • 正味で75%省エネ達成→ Nearly ZEH
  • 再生可能エネルギー未導入(ゼロ)→ZEH Oriented

さいごに

現在も新しいZEHロードマップが制作されている途中です。

意見を募集していたのが最近なので、まだ途中だと思います。新しいZEHのロードマップはこちらから。2018年 3/23現在 ZEHロードマップフォローアップ委員会とりまとめ(案)

この新しいZEHロードマップについては決まって、公開されたら追記しようと思います。

またこちらに随時情報がUPされています。

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

 

こちらの記事もいかがですか?

平成30年度はZEH施策に国も本気!? 改めて、ZEH(ゼロエネルギー住宅)が良いのか考える

ZEH住宅にしてから2年経過した我が家 2015-2017の電気代と売電代を公開

ZEH仕様にすると便利!だけど・・・いろいろと制約されることもある



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。 家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真 飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。 住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア