「平成30年度ZEH・ZEH+」補助金対象のエアコンはこれ!品番も載せたので参考に

ZEH(ゼロエネルギー住宅)の家に必要な家電に「空調設備」があります。ほとんどの方が個別エアコンと呼ばれる「ルームエアコン」を導入すると思います。平成30年度の「ZEH」と「ZEH+」補助金の条件に満たすエアコンの選び方を書きました。品番も一部載せたので参考に選んでください。

一番電気代がかかるのは、エアコンです

エアコンの効きは、断熱しだい

最新記事 平成31年度(2019年)ZEH対応エアコン記事は こちらから↓

「平成31年度のZEH・ZEH+」補助対象エアコンは?品番載せたので参考に選ぼう!

我が家は築35年の実家を建て替えました。

昔の家のエアコンは私の両親がつけたものですが、高機能というよりは家電量販店で比較的安売りするタイプで、グレードで言えば普通のタイプでした。

私の部屋に付いていたエアコンも、20年くらい前もので寝るときくらいしか使わないから壊れるまで使おう!という気持ちでした。たしか木目調でしたね、いかに古いか分かりますよね・・・・

我が家は、比較的温暖な地域に住んでいて、冬はコタツだけで過ごしていました。反対に夏は我慢できる暑さではなく、家族がみんな自分の部屋のエアコンを使うので、真夏は凄い電気代でした。光熱費+水道代を足すと真夏でMAX時、3-4万円掛かりました。

念のために言っておくと、我が家はトタン屋根でもありません。当時はともかく、今なら高級住宅メーカーに属すであろう、積水ハウスで建てた家でした。

でもひと昔前の家は・・・夏は暑いし、冬は朝起きたら息も白かったです。日本でも1-2番を争うくらい温暖な地域に暮らしていてコレです。雪も降らないのにコレです。そりゃ、もっと寒い地域ならヒートショックどころか大変なことになるよ!とも思うのです。

以下は、建て替え前の2013年と建て替え後の2015年の光熱費の比較グラフです。

赤いのが建て替え前の光熱費、青いのがZEHにしてからの光熱費です。

utility cost

気になる方はこちら

築35年も経つと、すきま風も入るし、今の家の様な断熱がしっかりした家ではなかったです。まあうちが特別ではなく、皆さんそういう家だと思うのですけど・・・

窓からは熱が逃げやすく、すきま風だらけ。結露はしないけど、真冬は起きたら部屋の中でも息が白くって、起きるのが本当に辛かった。思い出すのも嫌です。

光熱費は 2万円→6千円くらいに

建て替え前は、光熱費も平均して20,000円から25,000円払っていました。

現在は、5000円から6000円くらいで推移していて、多くても10,000円です。これって凄くないですか?

でも、断熱をしっかりしないとエアコンの効きも悪くなります。断熱については、住宅メーカーさんと打ち合わせをすると思うので、まだ住宅メーカーを決めている訳でないなら、数社の見積もりを取ってください。

冬の寒い時期も起きるのが嫌ではなくなった

我が家の話を聞くと、電気代そんなに違うの?と思いませんか?電気代だけでなく、冬も起きるのが嫌だなと感じることは、なくなりました。

断熱って凄いんですね。

ZEHの家にエアコンは必須!

北海道や沖縄以外の方は、絶対にZEHの家を建てるなら、エアコンを導入しないといけません。絶対に個別エアコンにする必要もありません。でも個別エアコンは導入に一番安上がりです。また、住宅メーカーと価格を交渉出来るものの一つに、エアコンがあるでしょう。

エアコンと言っても、高性能なタイプなので50万円くらいすることもあります。そして住宅メーカーにこのエアコンを、家を建てるのと同時にやったら〇円ですよ!と提案があります。

エアコン導入の我が家の失敗談

エアコン余分に設置してしまった

エアコンはZEHの家には必須です。私たちがZEHの家を建てた際はまだ、ZEHを建てた人が少なく体験記を書く人もいないので、エアコン導入に失敗しました。

失敗は、たくさんエアコンを設置しすぎたことです。

エアコンですが、全部で5台設置しました。我が家は建て替えなので日の当たり方も知っているんですね。この時期は暑いとか、寒いとかも知っていたわけです。

そこで、5台設置したんですけど、住んでみて分かったのですが、だいたい1年通しても2台しか使っていません。だから3台は無駄になってるんです。

ZEH導入のエアコンは比較的スペックも高めで1台そこそこのお値段しているんです。ZEHの家は断熱が良くて、こんなにエアコン要らなかったと今更知ってしまった・・・という嬉しいけど悲しい現実があります。

だから、これから建てる方はエアコンは最小限にしてくださいね。

また、やっておいた方が良いことは・・・見積もりです。

見積もりを取っていないと、住宅メーカーの言いなりに!

たぶん・・・・見積もりを取っていないと、住宅メーカーの言いなりになります!

実際に「29年度のZEH」で導入するのに、該当するエアコンを調べると、一般ユーザー向けにはスペックを紹介していません。でも3社ほどは、HPなどにも掲載してくれているので、そのメーカーのエアコンを見積もり取るのは、有効です。

追記:近年、エアコンはZEHに必須ということもあり、エアコンの品番も調べればだんだん見つけられるようになってきました。

自分で見積もりを持っていれば、住宅メーカーとの交渉に有利でしょう。どこかで、エアコンの見積もりは取りましょう!

どのエアコンなら「30年度のZEH」「30年度のZEH+」で導入する条件を満たしているか?をここから書きたい思います。

30年度のZEH住宅で、条件を満たすエアコンは?

エアコンは「建築研究所」というところが公表している
「エネルギー消費効率の冷房効率 区分」の 区分(い)を満たす機器を導入することが要件です。

これは、ZEHとZEH+の公募要領にも載っています。 以下正式名称になります↓

「平成30年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事業のうち ZEH支援事業
「平成30年度 省エネルギー投資促進に向けた支援補助金 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業のうち ZEH+支援事業

以下が エネルギー消費効率の冷房効率 「区分」の詳細が載っているpdfです。
http://www.kenken.go.jp/becc/documents/house/4-3_20140117.pdf

このpdfには、下の表A.2が載っていて、この表A.2の数値をクリアする必要があるようです。

airconditioner-standard

しかし数値だけでなく、区分が明確に掲載しているモデルを選ぶべきです。なぜ「区分」が明確に掲載されたものが良いかと言うと、エアコンによっては、計算したら数値はクリアしてるのに、条件を満たしていないこともあるからです。

私も何故だろう?と不思議に思って家電メーカーさんに電話で確認すると、計算だけではなく、区分(い)と書いているものを選んでくださいとの回答でした。

例えば、パナソニックHPには、下記の様に「区分」も掲載してくれています。このようにHPを見るか、掲載がない場合は、住宅メーカー経由で確認した方が良いです。

2016-airconditioning-pana2

念のため計算方法を書くと・・・

今回はパナソニックのWXシリーズというエアコンの一つを抜粋しましたが、

2016-airconditioning-pana

製品カタログなどに掲載の 冷房能力 ÷ 冷房の消費電力 で基本的には求めることが可能。

たとえばこれは、4000 ÷ 820 =4.878048・・・

このエアコンは、冷房能力が4.0kwのエアコンです。このエアコンなら3.86以上なら、「建築研究所」の定義する、表A.2の数値をクリアします。この製品は「い」でしたが、ほかの製品で、数値を照らし合わせていると、数値はクリアしていても、区分は(い)ではない製品もありました。

「建築研究所」のpdfもいろいろ計算式が記載してますが、難しくてほとんどの方は理解が大変だと思います。もちろん私にも、わかりません。

ここで言いたいのは、区分「い」と明確に掲載されてるものから、確実に選びましょうということ。

でも、カタログやHPには、掲載していないメーカーもある

しかし、カタログやHPなどを調べると、この数値を公表しているメーカーと公表してないメーカーがありました。

掲載がないメーカーへは電話して聞いたのですが、カタログには載せてませんとの回答。個人消費者を相手に、一件一件答えてくれるかは微妙なところで、私は断られました。

個人には回答してくれなくても、住宅メーカーが窓口だと回答してくれます。基本的には、掲載がないメーカーについては、住宅メーカー経由で品番を調べるしか道はなさそうです。

また、住宅用のエアコンは、住宅設備用に別の品番だったり、電気屋さんで販売してる以外のモデルも存在しています。これらも、基本的には住宅メーカー経由で品番やスペック聞くしかないでしょう。

では、エアコン取り付けはどこで頼むべきか?

  • 住宅メーカーで頼む
  • 電気屋さんで頼む

この2つでしょう。

住宅メーカーで頼むメリット① 隠ぺい配管工事

住宅メーカーで施工をお願いすると、配管を壁の中に隠す「隠ぺい配管」が可能。もちろんこれができる電気屋さんもあるようだけど、私なら一緒に工事してもらいますね。

隠ぺい配管と一言でいっても、種類がいくつかあるようで、住宅メーカーからは一度配管を通せるスペースを壁の中に作っておきそれを利用してエアコンの設置が可能。またエアコン交換の際もそれを利用できると説明を受けました。

ただ、おそうじロボット付きのエアコンは隠ぺい配管できません。我が家のエアコンもパナソニックのおそうじロボット付きのモデルで、隠ぺい配管にできず、配管は外に丸見えです。さらに、ダイキンの「うるる加湿搭載モデル」も隠ぺい配管不可能なようです。

この隠ぺい配管もみなさん意見は賛否ありますので何とも言えませんが、選択肢として知っておくといいですね。

ちなみに我が家は、エアコン関連は住宅メーカーでお願いしてますが、もう一つメリットがあります。ローンに組み込めるからです。

住宅メーカーで頼むメリット② ローンに組める

ZEH住宅に適したエアコンは、大抵ハイスペックな機種で、値段も高いです。

住宅メーカーで頼めばローンに組み込めるので、引っ越し費用から、新たに購入する家電、家具などの分を手元に残せるでしょう。

電気屋さんで頼むメリット やっぱり安そう

はっきりとは言えませんが、たぶん安いんじゃないか?と思います。

隠ぺい配管についても、電気工事は電気工事の資格を持ってる方がやるから同じ。タイミングの問題ですよね。家の建築が終わって、最後にエアコンの工事をしなければ、隠ぺい配管も可能だと思います。これは話し合いでなんとかなると思います。

早めに住宅メーカーの営業さんに相談してみましょう。ZEH住宅に適したエアコンは、大抵ハイスペックな機種です。という事は・・・お値段も高い。エアコンを別で購入すると住宅ローンに合算できない可能性が高く、頭金に余裕のある方向きかもしれません。

もちろん出ていくお金は一緒なのですが・・・。

「エネルギー消費効率の冷房効率 区分」の(い)

「エネルギー消費効率の冷房効率 区分」の 区分(い)の表記は、全メーカーで掲載してないと先ほど書きましたが、HPなどに掲載しているメーカーだけ、ピックアップしました。

ここで書くメーカーは家電量販店でも扱っていると思うので、価格やスペックを見るにはちょうど良いと思います。参考にしてみてください。

2016年モデルも安く残っているかもしれないので、載せています。お買い得なのかどうかはご自身で判断してください。また、ZEHの時に導入しなかったとしてもここに載せたエアコンは省エネエアコンなので、後から足すときにも参考に出来ると思います。

2018年モデル パナソニック

部屋サイズシリーズモデル年機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳Xシリーズ2018年CS-X228C5.18
AXシリーズ2018年CS-AX228C5.18
8畳Xシリーズ2018年CS-X258C5.00
AXシリーズ2018年CS-AX258C5.00
10畳Xシリーズ2018年CS-X288C5.44
AXシリーズ2018年CS-AX288C5.44
14畳WXシリーズ2018年CS-WX408C25.33
Xシリーズ2018年CS-X408C24.82
AXシリーズ2018年CS-AX408C24.49
18畳WXシリーズ2018年CS-WX568C24.24
Xシリーズ2018年CS-X568C2
3.68
AXシリーズ2018年CS-AX568C23.26
20畳WXシリーズ2018年CS-WX638C24.14
AXシリーズ2018年CS-AX638C23.25
23畳WXシリーズ2018年CS-WX718C23.78
Xシリーズ2018年CS-X718C23.03
AXシリーズ2018年CS-AX718C22.81
EXシリーズ2018年CS-71HEX2BK2.49
26畳WXシリーズ2018年CS-WX808C23.05
Xシリーズ2018年CS-X808C22.81
AXシリーズ2018年CS-AX808C22.67
29畳WXシリーズ2018年CS-WX908C23.02
Xシリーズ
2018年CS-X908C23.00

2017-2018年 寒冷地モデル パナソニック

部屋サイズモデル年シリーズ機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
8畳寒冷地エアコン
2017年モデル
UXシリーズCS-UX257C25.62
10畳寒冷地エアコン
2017年モデル
UXシリーズCS-UX287C25.49
14畳寒冷地エアコン
2017年モデル
UXシリーズCS-UX407C25.00
18畳寒冷地エアコン
2017年モデル
UXシリーズCS-UX567C23.78
20畳寒冷地エアコン
2017年モデル
UXシリーズCS-UX637C23.54
23畳寒冷地エアコン
2017年モデル
UXシリーズCS-UX717C23.06
20畳寒冷地エアコン
2018年モデル
TXシリーズCS-TX638C22.86

2017年モデル パナソニック

部屋サイズモデル年シリーズ機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳2017年XシリーズCS-X227C5.18
8畳2017年XシリーズCS-X257C5.00
10畳2017年XシリーズCS-X287C5.44
14畳2017年WXシリーズCS-WX407C25.26
2017年XシリーズCS-X407C24.82
18畳2017年WXシリーズCS-WX567C23.86
2017年XシリーズCS-X567C23.68
20畳2017年WXシリーズCS-WX637C24.01
2017年XシリーズCS-X637C23.50
23畳2017年WXシリーズCS-WX717C23.59
2017年XシリーズCS-X717C23.03
26畳2017年WXシリーズCS-WX807C23.05
2017年XシリーズCS-X807C22.81
29畳2017年WXシリーズ
CS-WX907C23.02
2017年XシリーズCS-X907C23.00

2016年モデル パナソニック

部屋サイズモデル年シリーズ機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳2016年XシリーズCS-226CXR5.18
8畳2016年XシリーズCS-256CXR5.00
10畳2016年XシリーズCS-286CXR5.44
12畳2016年XシリーズCS-366CXR24.36
14畳2016年WXシリーズCS-WX406C24.88
2016年XシリーズCS-406CXR24.49
18畳2016年WXシリーズCS-WX566C23.73
2016年XシリーズCS-566CXR23.26
20畳2016年WXシリーズCS-WX636C23.50
2016年XシリーズCS-636CXR23.25
23畳2016年WXシリーズCS-WX716C23.03
2016年XシリーズCS-716CXR22.81
26畳2016年WXシリーズCS-WX806C22.81
2016年XシリーズCS-806CXR22.67

パナソニック http://www2.panasonic.biz/es/sumai/law/products/q_aircon.html

2018年モデル 三菱電機

部屋サイズモデル年シリーズ機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳2018年ZシリーズMSZ-ZW22185.19
8畳2018年ZシリーズMSZ-ZW25184.83
10畳2018年ZシリーズMSZ-ZW2818
4.83
2018年ZシリーズMSZ-ZW2818S
4.83
12畳2018年ZシリーズMSZ-ZW3618
4.39
2018年ZシリーズMSZ-ZW3618S4.39
14畳2018年FZシリーズMSZ-FZ4018S5.18
2018年FZシリーズMSZ-FZ4017S4.26
2017年ZシリーズMSZ-ZW4017S4.17
2017年FDシリーズMSZ-FD4017S4.21
2017年ZDシリーズMSZ-ZD4017S4.17
18畳2018年FZシリーズMSZ-FZ5618S5.18
2017年FZシリーズMSZ-FZ5617S3.5
2017年ZシリーズMSZ-ZW5617S3.26
2017年FDシリーズMSZ-FD5617S3.46
2017年ZDシリーズMSZ-ZD5617S3.26
20畳2018年FZシリーズMSZ-FZ6318S5.00
2017年XシリーズMSZ-X6317S3.20
2017年FZシリーズMSZ-FZ6317S3.54
2017年FDシリーズMSZ-FD6317S3.50
2017年ZDシリーズMSZ-ZD6317S2.86
2017年ZシリーズMSZ-ZW6317S3.18
23畳2018年FZシリーズMSZ-FZ7118S5.00
2017年FZシリーズMSZ-FZ7117S3.02
2017年FDシリーズMSZ-FD7117S3.00
2017年ZDシリーズMSZ-ZD7117S2.34
2017年XシリーズMSZ-X7117S2.73
2017年ZシリーズMSZ-ZW7117S2.98
26畳2018年FZシリーズMSZ-FZ8018S5.00
2017年FZシリーズMSZ-FZ8017S2.96
2017年ZシリーズMSZ-ZW8017S2.77
29畳2018年FZシリーズMSZ-FZ9018S5.19
2017年FZシリーズMSZ-FZ9017S3.00
2017年ZシリーズMSZ-ZW9017S3.00

2017年モデル 三菱電機

部屋サイズモデル年シリーズ機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳2017年ZシリーズMSZ-ZW22175.18
2017年XDシリーズMSZ-XD22175.18
8畳2017年ZシリーズMSZ-ZW25175.00
2017年ZDシリーズMSZ-ZD25175.00
2017年XDシリーズMSZ-XD25175.00
10畳2017年ZシリーズMSZ-ZW28175.19
2017年ZシリーズMSZ-ZW2817S5.19
2017年XシリーズMSZ-X28174.83
2017年ZDシリーZMSZ-ZD2817S4.83
2017年XDシリーズMSZ-XD2817S4.83
12畳2017年ZシリーズMSZ-ZW36174.39
2017年ZシリーズMSZ-ZW3617S4.39
14畳2017年FZシリーズMSZ-FZ4017S4.26
2017年ZシリーズMSZ-ZW4017S4.17
2017年FDシリーズMSZ-FD4017S4.21
2017年ZDシリーズMSZ-ZD4017S4.17
18畳2017年FZシリーズMSZ-FZ5617S3.5
2017年ZシリーズMSZ-ZW5617S3.26
2017年XシリーズMSZ-X6317S3.20
2017年FDシリーズMSZ-FD5617S3.46
2017年ZDシリーズMSZ-ZD5617S3.26
20畳2017年FZシリーズMSZ-FZ6317S3.54
2017年ZシリーズMSZ-ZW6317S3.18
2017年FDシリーズMSZ-FD6317S3.50
2017年ZDシリーズMSZ-ZD6317S2.86
23畳2017年FZシリーズMSZ-FZ7117S3.02
2017年ZシリーズMSZ-ZW7117S2.98
2017年XシリーズMSZ-X7117S2.73
2017年FDシリーズMSZ-FD7117S3.00
2017年ZDシリーズMSZ-ZD7117S2.34
26畳2017年FZシリーズMSZ-FZ8017S2.96
2017年ZシリーズMSZ-ZW8017S2.77
29畳2017年FZシリーズMSZ-FZ9017S3.00
2017年ZシリーズMSZ-ZW9017S3.00

三菱電機 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kirigamine/zeh/

2018年モデル ダイキン

部屋サイズシリーズ名機種名 定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳RシリーズAN22VRS+

5.18
8畳RシリーズAN25VRS+5.00
8畳DXシリーズS25VTDXS+5.26
10畳RシリーズAN28VRS-
5.09
DXシリーズS28VTDXP+5.33
DXシリーズS28VTDXV+5.33
12畳RシリーズAN36VRS+4.36
14畳
RシリーズAN40VRS+415
RシリーズAN40VRP+5.06
DXシリーズS40VTDXP+5.06
DXシリーズS40VTDXV+5.06
18畳RシリーズAN56VRP+3.97
SシリーズAN56VSP+3.26
DXシリーズS56VTDXP+3.97
DXシリーズS56VTDXV+3.97
SXシリーズS56VTSXPNEW3.26
SXシリーズS56VTSXVNEW3.26
20畳RシリーズAN63VRP+3.66
SシリーズAN63VSP+3.03
DXシリーズS63VTDXV+3.66 
FシリーズAN63VFP+3.12
CシリーズAN63VCP+3.12
DXシリーズS63VTDXP+3.66
DXシリーズS63VTDXVNEW3.66
SXシリーズS63VTSXPNEW3.03
SXシリーズS63VTSXVNEW3.03
23畳RシリーズAN71VRP+3.29
SシリーズAN71VSP+2.62
FシリーズAN71VFP+2.70
CシリーズAN71VCP+2.70
SXシリーズS71VTSXP2.62
SXシリーズS71VTSXV
26畳RシリーズAN80VRP+2.76
29畳RシリーズAN90VRPNEW3.00

2017年モデル ダイキン

部屋サイズモデル年シリーズ名機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳2017年RシリーズAN22URS5.18
2017年AシリーズAN22UAS5.18
8畳2017年RシリーズAN25URS5.00
2017年AシリーズAN25UAS5.00
10畳
2017年RシリーズAN28URS5.09
2017年AシリーズAN28UAS5.09
12畳2017年RシリーズAN36URS4.36
2017年AシリーズAN36UAS4.36
14畳2017年RシリーズAN40URS4.15
2017年RシリーズAN40URP5.06
2017年AシリーズAN40UAP5.06
18畳2017年RシリーズAN56URP3.97
2017年AシリーズAN56UAP3.97
20畳2017年RシリーズAN63URP3.66
2017年AシリーズAN63UAP3.66
2017年FシリーズAN63UFP3.12
23畳2017年RシリーズAN71URP3.29
2017年AシリーズAN71UAP3.29
2017年FシリーズAN71UFP2.70
26畳2017年RシリーズAN80URP2.76
2017年AシリーズAN80UAP2.76
29畳2017年RシリーズAN90URP3.00
2017年AシリーズAN90UAP3.00

ダイキン http://www.daikinaircon.com/catalog/teitanso/spec.html

2018年モデル 日立

部屋のサイズシリーズ名機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳ⅩシリーズRAS-X22H5.50
8畳ⅩシリーズRAS-X25H5.10
10畳ⅩシリーズRAS-X28H5.00
12畳ⅩシリーズRAS-X36H4.36
ⅩシリーズRAS-X36H24.44
14畳ⅩシリーズRAS-X40H24.55
18畳ⅩシリーズRAS-X56H23.50
20畳ⅩシリーズRAS-X63H23.58
23畳ⅩシリーズRAS-X71H23.03
WLシリーズRAS-WL71H22.58
26畳ⅩシリーズRAS-X80H22.76
29畳ⅩシリーズRAS-X90H23.00

2018年モデル 富士通ゼネラル

部屋サイズモデル年シリーズ名機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
6畳2018年ⅩシリーズAS-X22H5.37
2018年XNシリーズAS-XN22H5.24
2018年ZシリーズAS-Z22H5.46
2018年GNシリーズAS-GN22H5.24
8畳2018年ⅩシリーズAS-X25H5.00
2018年ZシリーズAS-Z25H5.26
10畳2018年ⅩシリーズAS-X28H5.00
2018年ZシリーズAS-Z28H5.19
14畳2018年ⅩシリーズAS-X40H24.60
2018年ZシリーズAS-Z40H25.06
18畳
2018年ⅩシリーズAS-X56H23.31
2018年ZシリーズAS-Z56H2376
20畳2018年ⅩシリーズAS-X63H23.46
2018年ⅩSシリーズAS-XS63H22.86
2018年ZシリーズAS-Z63H23.52
23畳2018年ⅩシリーズAS-X71H23.09
2018年ⅩSシリーズAS-X71H22.46
2018年ZシリーズAS-Z71H23.02
26畳2018年ⅩシリーズAS-X80H22.67
2018年ZシリーズAS-Z80H23.00
2018年ZシリーズAS-Z80H23.00

2016年モデル シャープ DC (直流タイプ)

部屋サイズモデル年シリーズ機種名定格冷房エネルギー消費効率区分
14畳2016年JH-D406J24.15
18畳2016年JH-D566J23.26
23畳2016年JH-D716J22.84

シャープ https://jp.sharp/e_solution/dc_aircon/lineup/

※DCタイプでなく、ACのエアコンの詳細は不明。区分(い)になるかは、住宅メーカーで聞きましょう。シャープは2016年モデルのままでDCタイプの新製品はないようです。

その他・・・東芝は?

東芝に関しては分かりませんでした。

また上記以外にも、住宅用専用エアコンが存在するので、これらは住宅メーカーに問い合わせましょう。

もし、自分で購入するなら・・・

エアコンの選定は、住宅メーカーで品番を提案してもらって、自分で家電量販店で購入するのもありですね。最近はインターネットで購入しても安いし・・・

お勧めの電気屋は、ヤマダ電機 と 上新電機(Joshin)の2つです。私は家電量販店でその昔、エアコンの販売のアルバイトをしてました。働いていたのは、ヤ〇ダ電機です。働く方からすると微妙な職場ですが、購入するにはやはり良いです、お勧めです。だいたい最安値で購入できます。

また、上新電機もお勧めで、保証が良いです。エアコンに限らず上新電機は良い!4Kカメラを買ったのですが、買い替えの際、友人に古いビデオを安く譲ったのですけど、保証書の名義も変えられたんです。有難い。お陰で保証は友人に移管できました。

おすすめのサイトとお店

ヤマダ電機
上新電機(Joshin)

さいごに

後から良いエアコンが発売したら変更する心づもり くらいで。

エアコンを決めなくてはいけないのは確かなのですが、平成30度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)のWEB掲載のよくある質問にもこうありました。

4.エネルギー計算について

Q2:申請者と請負契約を結ぶハウスメーカーまたは工務店が手続代行者となる申請において、申請者が補助対象設備の一部(エアコンなど)を手続代行者以外の商流に分離発注する計画の場合、申請ならびにエネルギー計算はどのように行えばよいですか?

A2:手続代行者は申請者になり代わり、自らが請負う項目だけでなく分離発注の対象となる負荷機器を含めてエネルギー計算を行い、申請書にすべての補助対象機器情報を記載してください。実績報告書を提出する際には、自らが請負う項目によらず、申請者が導入する補助対象機器ならびにエネルギー計算に関係するすべての機器について、報告を行ってください。

Q3:「主たる居室」のエアコンを、申請者が量販店で購入する計画なのですが、機種が決まっていません。どのようにエネルギー計算・申請を行えばよいですか?

A3:「主たる居室」には、エアコンのエネルギー消費効率の区分(い)を満たす機器を導入することが要件になります。申請時、実施計画書にはエアコンのエネルギー消費効率の区分(い)を満たす機器を仮に選定して導入するものとして記入してください。

Q4:「その他の居室」のエアコンを申請者が量販店で購入する計画なのですが、機種が決まっていません。どのようにエネルギー計算・申請を行えばよいですか?

A4:機種が決まっていない場合は、エネルギー計算では原則として「特に省エネルギー対策としていない」を選択してください。

と、エアコンは最近は柔軟に対応している模様。急いで決めなくてもいいのかな?とも思いました。

とは言っても、条件を満たしたエアコンを選ばないといけないし、先でも後でも決めないといけないのは、あまり変わりません。少しだけ先延ばしにもできるかな?くらい。自分でベストを考えましょう。私たちはローンに組めた方が有難かったけど、人それぞれですから・・・。

関連記事はこちら

「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」カタログ一括請求 使ってみました。

何はともあれ、3分ほどで簡単に申し込めて無料です。とても効率的!使わないと損です!!

テーマ別で探すことも可能。まずは、どうやって申し込んだか?確認しましょ。

関連記事

「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」使ってみた印象は?注文住宅資料請求一括サイトで、私がお勧めしたいのが「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」「LIFULL HOME’S 注文住宅」は、全国の注文住宅とマンションも扱っています[…]

ローコスト住宅
1000万台~の家づくり。こだわりの住宅カタログ

高気密・高断熱住宅
イマ注目の気密・断熱性に優れる住宅カタログ

ZEH・Nearly ZEH住宅
消費エネルギーコストを削減できる住宅カタログ

 

最新情報をチェックしよう!
>ZEHの家を建てて4年。今、後悔していることは?

ZEHの家を建てて4年。今、後悔していることは?

遂に、消費税も10%になりました。
実は、私たちも5年前の8%になったばかりの4月に家を建てようと動き始め、結果的にZEHの家に辿り着きました。

多くの人にとって家づくりは一生に1度あるかないかではないですよね?
私たちも初めての家づくりなのに相談するところもない。転勤族で知り合いも少ない。
そんな感じで家づくりがスタートしました。

もし、今、経験者として言わせてもらうなら、1度くらいは中立な立場の人に相談するのをお勧めします。
ぜひ、「私たちの失敗談」を読んでみてください。

CTR IMG