4K放送を見たい方 「新4K8K衛星放送」導入の補助金があります!利用しよう!

2018年12月1日、遂に「新4K8K衛星放送」が始まります。にわかに騒がしいこの4K放送、8K放送ですが、平成29年(2017年)5月11日以前に機器を設置された方には、条件を満たせば4Kや8K放送を見るための設備工事の一部を助成しています。(新築の方は前年ながら無理なのですが・・・)

新4K8K衛星放送(左旋円偏波)の設備の補助金について

新4K8K衛星放送の電波には、右旋と左旋の2種類があります。

この新4K8K衛星放送ですが、新たな中間周波数帯を利用することになっています。なぜ補助金が出るかと申しますと、現在、各家庭で使用の衛星放送用の受信設備が旧型だったり、適当に施工し他結果、中間周波数帯の電波が漏洩することが心配されています。

電波が漏洩したり、干渉すると何が起こるかといいますと、既存の無線LAN等に影響を及ぼすと言うのです。

どんなチャンネルがあるのか?

[voice icon=”https://xn--ickm4b1dyhj3iu63z37wa.jp/wp-content/uploads/2018/09/miho-1-1.jpg” name=”ことらママ” type=”r fb”]NHK、(株)ビーエス朝日、(株)BSテレビ東京、(株)BS-TBS、(株)BS日本、(株)ビーエスフジ の6つの4K衛星放送は、現在のBS放送と同じ 右旋円偏波 で放送されます。[/voice]

そのため、今使っているBS及び東経110度CSアンテナを交換せずに見ることが可能です。※ただし安定して視聴するには、受信設備の確認をしましょう。

[voice icon=”https://xn--ickm4b1dyhj3iu63z37wa.jp/wp-content/uploads/2018/09/miho-1-1.jpg” name=”ことらママ” type=”r fb”]しかし、一方でBS左旋の新4K8K衛星放送を見るためには、新しく右旋・左旋に対応したアンテナの設置が必要になります。[/voice][box class=”blue_box” title=”機器の交換が必要なご家庭もアリ”]左旋の信号は従来の右旋よりも高周波数帯に変換されるため、従来の機器を使って伝送できません。BS左旋の放送を受信するためには、宅内の受信システムとなる分配器・分波器・ブースター・ケーブルなどを交換する必要があります。[/box]

まとめ 補助金が出るので利用しましょう!

①すべての4K放送・8K放送を見たい方
②将来を考えてすべての4K・8Kを視聴できる環境にしておきたい方

チャンネルについてはこちらも参考にどうぞ

助成金交付の条件は?

  1. 平成29年(2017年)5月11日以前に衛星基幹放送の受信設備が設置されていること。(右旋のBS受信設備が設置されていること)
  2. 平成30年(2018年) 6月8日以降に右左旋対応アンテナを設置すること。(「助成金交付決定通知」以降に設置工事を行なう事)
  3. アンテナ出力から壁面端子までの間の機器で助成金交付対象機器リストの技術基準不適合機器であり、かつ助成金交付対象機器であること。
  4. 住居を含む建物に設置されている受信設備の改修であること。

助成金交付の流れ

助成金交付してもらうのに、どうしたらいいのか見ていくと分かったことがあります。

[voice icon=”https://xn--ickm4b1dyhj3iu63z37wa.jp/wp-content/uploads/2018/09/miho-1-1.jpg” name=”ことらママ” type=”r fb”]どこの電気屋さんに頼んでもOKというわけではなく、総務省のHPに記載のある、審査に通過した登録店に頼むことが条件です。[/voice]

流れとしては、現場を事前調査→申請→審査センターが受理をすれば工事→報告→補助金交付 という流れです。

技術基準不適合機器が一つでも残っていると助成金は交付されません!これも知っておくと良いです!

補助金が出るなら、工事しようかなと思った方、どの機器に助成してくれるの?と、気になりますよね。

新4K8K衛星放送のために、アンテナ交換をお考えの方へ

アンテナそのものには補助金が出ませんが、付随するものには補助金が出ますよ!

これだけ補助金貰えるならと私はイメージできたのですが・・・実際には「機器代+工事代」の3分の2に相当する金額が助成されます。けっこう大きな額です。

疑問?どうして補助金がでるの?

補助が出るなら何でもいい?でも知っておく方がいいに決まってますよね。

電波は目には見えませんが、このように電波の干渉があります。

2018年12月から開始される「新4K8K衛星放送」は、BS・110度CSの左旋偏波の電波も利用します。

衛星放送の受信の際には、この左旋偏波の中間周波数の電波干渉防止のため、シールド性能が十分なF型コネクター等により接続する機器(SHマーク登録機器等)の使用をお願いします。

これは、左旋電波を受信するアンテナを設置した際、シールド性能が十分でない直付け機器により接続している箇所から電波が漏洩し、他の無線システムに妨害を与える可能性があるためです。

また、この接続箇所に電子レンジなどが発する電波の干渉を受けて、衛星放送の受信不良が発生する可能性があります。

このため、こうした設備から漏えいする電波の強さに関する技術基準が法令で定められました。

この技術基準に適合しない受信設備は「違法」になりますので、右左旋対応アンテナ(本製品)を設置する前に、受信設備の点検をお願いします。

出典:総務省HP

電波が干渉すると、その結果テレビの映りも悪くなりそうだということ。また既存の無線システムの妨害になる可能性があり、技術基準に適合しない受信設備は「違法!」となる・・・となんとも怖いですが。ともかく、この工事に関する部分を助成するというものです。

どの機器が助成対象なのか?

対象の機材は 分配器・ブースター・テレビ端子などです。まとめると結構大きな金額になりますので馬鹿にはできません。我が家も検討中です。

助成金交付対象機器リスト

また私たちユーザーには直接関係のないことですが、「助成金交付対象機器リスト」も載せておきます。ユーザーのほうもしっかりしないといけませんからね。

助成金交付対象機器リスト:https://if.apab.or.jp/subsidy/

さいごに、どんな工事になるかも簡単に記載しておきます。

簡単に知っておこう 工事のポイント

事前調査では以下のようなことを見るそうです。

①使用している機器の把握
②同軸ケーブルの接続箇所の確認
③ 他の無線設備等の目視確認

・いわゆる「手ひねり」などによる接続箇所がないことを確認

また、衛星放送用テレビ受信設備では、次の2点を満足するようにレベル設計および機器の選定を行うそうです。

① 受信する衛星放送周波数帯域に対応した伝送特性を有していること
② 高いシールド性能を有していること

・機器は、SHマーク登録品など十分な伝送特性やシールド性能を有するものを使用
・同軸ケーブルは2重シールドタイプ(S-5C-FB等)を使用
・全ての接続箇所でC15形コネクタ(または同等性能品)を使用
・収納箱はシールド性能と放熱性能を考慮し使用コネクタは、緩みがないように締め付ける
・各機器の空端子には取扱説明書、施工説明書に従いダミー抵抗を取り付ける
・同軸ケーブルの中継にはF型中継コネクタを使用する。

参考:http://www.soumu.go.jp/main_content/000555164.pdf

この登録店は、近所にあるよくある電気屋さんが多く、私も調べてみると自分の住んでいる市にもたくさんの業者さんがいました。

[voice icon=”https://xn--ickm4b1dyhj3iu63z37wa.jp/wp-content/uploads/2018/09/miho-1-1.jpg” name=”ことらママ” type=”r fb”]補助金なので、事後報告は絶対ダメです。先に申請しないと絶対にもらえません!
[/voice]

工事を頼める登録店を検索するには?

工事を頼める登録店を検索するならこちら:https://if.apab.or.jp/user-list/

さいごに

いつもはZEHの家のことを書いていますが、4K関連のサイト:https://4k8ktv.jp/ も主人と私で書いています。宜しかったらこちらもご覧ください。

我が家は主人の仕事関係で、4KやVR、3Dなどの製品を自腹で購入しており、4Kテレビに限っては3年前から所有しております。今は55インチの4Kテレビが2つもリビング並べて置いてあってかなり変なお家です。

また、4K衛星放送用のチューナーを載せておきます。参考にどうぞ。

「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」カタログ一括請求 使ってみました。

何はともあれ、3分ほどで簡単に申し込めて無料です。とても効率的!使わないと損です!!

テーマ別で探すことも可能。まずは、どうやって申し込んだか?確認しましょ。

関連記事

「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」使ってみた印象は?注文住宅資料請求一括サイトで、私がお勧めしたいのが「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」「LIFULL HOME’S 注文住宅」は、全国の注文住宅とマンションも扱っています[…]

ローコスト住宅
1000万台~の家づくり。こだわりの住宅カタログ

高気密・高断熱住宅
イマ注目の気密・断熱性に優れる住宅カタログ

ZEH・Nearly ZEH住宅
消費エネルギーコストを削減できる住宅カタログ

 

最新情報をチェックしよう!
>ZEHの家を建てて4年。今、後悔していることは?

ZEHの家を建てて4年。今、後悔していることは?

遂に、消費税も10%になりました。
実は、私たちも5年前の8%になったばかりの4月に家を建てようと動き始め、結果的にZEHの家に辿り着きました。

多くの人にとって家づくりは一生に1度あるかないかではないですよね?
私たちも初めての家づくりなのに相談するところもない。転勤族で知り合いも少ない。
そんな感じで家づくりがスタートしました。

もし、今、経験者として言わせてもらうなら、1度くらいは中立な立場の人に相談するのをお勧めします。
ぜひ、「私たちの失敗談」を読んでみてください。

CTR IMG