2019年もLCCM住宅の補助金は125万円(予測)でも、180万円もらう方法もある!!




健康にも良くて、家計にも、地球にも優しい、LCCM住宅って知っていますか?今このLCCM住宅を建てると補助金が出ます。このLCCM住宅はZEHの最上級!?未来基準の家なんです。この未来の家を建てると補助金が最大125万円、さらに最大180万円の補助金を貰う方法もあるんです!どうやったら貰えるんでしょう!?

LCCM住宅とはなんだ?

LCCM住宅は、ゼロ炭素社会の実現に向け、国が普及を後押ししているZEHの最上位に位置する「未来基準の家」です。

英語で書くと分かるのですが、ライフサイクルカーボンマイナス住宅(Life Cycle Carbon Minus)の略で、LCCMと言います。

この図を見てほしいのですが、ZEHは2030年の目標、LCCM住宅は2050年の目標となっています。

ZEHが、一次消費エネルギー(空調・給湯・照明・換気など日々の暮らしで排出されるCO2)の収支をプラスマイナスゼロにするのに対し、LCCM住宅は、家を建てる時→居住中→解体する時、家を人生で例えるなら生涯のLCCO2収支をプラスマイナスゼロにしましょう!という考え方。

地元の木材を積極的に使い、頑丈で高気密・高断熱な躯体にし、家の寿命を長くし、太陽光発電システムを有効活用するのがこのLCCM住宅の特徴です。

LCCM住宅はZEHで、かつ、生涯のCO2を余分に排出しない考え方の家です。

電気代は年間で30万円ほどプラスだろう

我が家はLCCM住宅ではないけど、かなり似通った家に住んでいます。だから、このLCCM住宅がどの位お得なのかは理解しているつもりです。

我が家の電気代を例にするなら、厳しめに見積もっても年間で50-60万円以上プラスです。我が家の太陽光発電パネルは17.60kW載っていますが、LCCM住宅にするには7.0-8.0kW必要と言われているので、我が家の半分ほどのパネルだから、25-30万円ほど電気代でプラスになると予想できます。(ただし太陽光発電システムの先行投資分は除いて考えています。)

ちなみに、当時の売電価格と今は違いますし、 我が家は10kW以上載っていますので売電価格は10kW未満とも違いますが、我が家は2014年に32円で契約。2019年の場合は10kW未満なら24円(出力制限あり地域なら26円)の予定です。

ですが、太陽光発電システムはかなり値下がりしていますし、いろいろなサイト、文献等でも書かれていますが、この太陽光発電を載せても10年くらいで原価償却できるといわれています。実際、我が家も10-11年目で減価償却は終わり、あとは発電するほどお得になる予定です。

LCCM住宅は長く住むほどお得!!

さて、このLCCM住宅ですが、建築時には一般住宅に比べて建築費が少し高くなります。概ね400万円~500万円ほどは余分に掛かるかもしれません。余分に建築費が掛かるとはいえ、太陽光発電システムも10年目以降は原価償却も終わるし、住めば住むほどお得な家なのです。

この400万円~500万円余分に掛かるかも?と書きましたが、内訳は、太陽光発電システムだけではなく、給湯器や断熱性能を上げるためのドア、窓、床、壁、屋根に使う建材、エアコン、HEMSも含めてとなるでしょう。

家を建てると決めたとき、当初、主人から家を建てる時は、建築費にお金が掛かるけど、冬は寒くないし、電気代も安くなるし・・・と色々説明を受け、説得もされました。

当初、半信半疑のところもありましたが、今ははっきり断言できます。ZEHの家を建てて良かったです。

この記事を折角読んでくださったのなら、トータルコストも含めて、ZEHやLCCM住宅を検討して欲しいと思います。そして補助金も今なら沢山でるし、環境にも優しいLCCM住宅って、私は良いと思います!!

では、LCCM住宅はどこで申し込むの?

工務店や住宅メーカーでLCCM住宅ができるかどうか?また補助金事業に対応できるか?確認しないといけません。

2019年に家を建てる方、LCCM住宅を建てたら補助金が貰えます

LCCM住宅を建てたい!と決めたとき、どこの住宅メーカーや工務店で対応しているんだろう?と、気になりますよね。じつは公表していないのです。

各メーカーのホームページに公表しているか、LCCM住宅に対応しているか
直接聞くしか方法はありません。

また、このLCCM住宅の補助金は1つではありません。 大きな括りは一緒ですが、事業内容も予算年度も名前も違い、補助金額も違いますが、利用可能なものが複数あります。以下の2つだと思います。

  1. 平成30年度のサステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)LCCM 住宅部門(戸建)
  2. 平成29年度のサステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)一般部門(共同・戸建) ※ 地域ビルダーLCCM住宅先導プロジェクト

①国土交通省の補助金で、 サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)という括りの、 LCCM 住宅部門(戸建)を建てると125万円(平成30年度の場合)貰えました。

こちらは、31年度 (2019年度)も補助金が予定されています。金額も125万円程度の予定です。

↑こちらの補助金は、国土交通省などのホームページで公表している?か気になりますよね。実は非公表です。自分で探すしか方法はありません。

では、困りますよね・・・実はまだ方法があります。しかも、LCCM住宅を建てると180万円が補助金が貰える別の方法があります。

それは、ZEH推進協議会で採択された補助金を利用する方法です。

地域ビルダー向けに、将来的にある程度まとまった数をLCCM住宅にすることが、社会的にも環境面でも必要と言うことで、一般部門で採択されています。

内容:全国の地域工務店によるLCCM住宅の新築プロジェクト。LCCM住宅認定5つ星の取得を基本とし、長寿命化、外皮性能等の性能目標を共有し、LCCM住宅の建築経験がある工務店による支援等の体制を整え、全国の工務店へ の水平展開を目指す。

評価:全国の様々な規模の地域工務店で構成される組織がベースとなり、より高性能なLCCM住宅の普及展開を図る取り組みは、波及・普及効果が期待できるものと評価した。

建築研究所

②こちらも、国土交通省の補助金で、 サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型) の補助金ですが、一般部門(共同・戸建)に属しています。先ほどのものとは補助事業の括りが違い、予算も29年度に採択されたものになります。しかし180万円の補助金が出ます。

工期は、2019年4月1日~2019年12月末となっていますので、急がないと間に合いません。工務店が中心ですので、ユニットで簡単にすぐに出来上がる家とは違います。

この時期に申し込んで間に合うかは問い合わせないと分かりませんが、問い合わせる価値はありますよね。

よって、LCCM住宅を建てたい方にとっては、この補助金も利用可能です。(結果的にLCCM住宅を建てるからです。)

↑また、こちらのZEH推進協議会のホームページに会員名簿が載っているので、お住いの市町村の会員の会社に、直接LCCM住宅を扱っているのか問い合わせることも可能です。

ホームページはこちら ZEH推進協議会の一般会員

※掲載されているすべての会社さんがこのLCCM住宅を扱っていませんのでご注意ください。

こちらは以前実際のモデルハウスを見せてもらいました。

また、補助金が出る機器や条件も違います。先に補助金貰える機器を知っておけば、どんな家にしようか役に立ちますし、予算も見えますよね。

違いは?

国土交通省の事業名補助金額
採択数
①30年度 サステナブル建築物等先導事業
(省CO2先導型)
LCCM 住宅部門(戸建)
最大125万円
(30年度)
31年度は未定
700戸
②29年度 サステナブル建築物等先導事業
(省CO2先導型)
一般部門(共同・戸建)
地域ビルダーLCCM住宅先導プロジェクト
最大180万円
(29年度)
200棟

2019年に使えるLCCM住宅補助金は?

①の サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)LCCM 住宅部門(戸建)の補助金は31年度も待つしかありません、しかも工事は消費税の関係で秋以降だと思います。予想補助金は昨年同様の125万円程ではないかと思います。

②の サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)一般部門(共同・戸建)
地域ビルダーLCCM住宅先導プロジェクト は、今すぐにメーカーさんを探さないと間に合いません!!でも最大180万円ですから・・・

さいごに

ZEHの最上級の家、LCCM住宅。細かくこの機器が補助金に対応しているなどは書きませんでしたが、少しLCCM住宅に興味が湧きませんか?

今なら補助金も沢山出るし、環境にも優しい家。すごく良いと思うのです。



1 個のコメント

  • はじめまして。私はLCCM住宅をZEH協補助金180万円の枠をいただき、建てることが決まりました。

    ちょっと気になったのですが・・・
    太陽光の売電ですが、10年は固定で高く買い取ってもらえてウハウハですが、11年目から、現在の20円/kwぐらいから、10円/kw以下になりそうなのですが、それについてはどう思いますか?

    10円/kwで売電するぐらいなら、買うと20円/kwなので、実質安価に電気を購入できているのと同じなので、エコキュートやエアコンで自家消費した方が良いですし、売電しても大した金額にならないです。※カタログで利用者の声が良く載っていますが、10年間は大助かりのコメントしていた人が、11年目から大きく変わると思われました。

    ですので、私の周りでは「太陽光はもう儲からないから、載せるなら自家消費できる程度に少な目にしたほうがいいよ」ということで認識一致しています。

    私は4kw載せて国産ソーラーフロンティアだとトータル80万円程度で安いなと思ったのと、NECのHEMSなら2万円程で安いなと思ったので、費用抑えて設置する方針です。

    太陽光の売電システムが複雑なので、10kw以上載せている場合は違っていたらすみません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア