テスラ 家庭用蓄電池「Powerwall」を2020年春に日本で発売!!ずばり買いでしょう!

以前から気になっていた、電気自動車のTesla(テスラ)が開発を進している家庭用蓄電池「Powerwall」がついに日本で発売されるそうです。販売は2020年春からの予定。個人的には、長かったというか、やっと!?と言う感覚ですが・・・実際どんな蓄電池なのでしょうか?

遂に、家庭用蓄電池「Powerwall」日本で発売 2020年春より

車の方にも、蓄電池の方にも興味があったので、3年くらい前からテスラのホームページは見ていたのですが、どうやらアメリカのサイトで初めて見たテスラの蓄電池「Powerwall」ではなく、今度日本で発売されるものは、2代目。第1世代を日本で売ることなく、2代目と言うのは、卒FIT問題を前に満を持して登場と言う感じでしょうか。

テスラと言うと、高級電気自動車と、イーロン・マスクが思い浮かびますが、蓄電池は4~5年前に発表され、当時からすでにコンパクトで薄型、壁掛け可能とでかなりインパクトがありました。

第2世代目の「Powerwall」どこが凄いかと言うと、蓄電池容量が13.5 kWh。家庭用としてはかなり大きめの蓄電池になります。しかし値段は、税金・設置費用は別で、99万円(Powerwall:82万5000円、サポートハードウェア:16万5000円)と悪くないです。

ことらママ
4年前設置の我が家の蓄電池が6.2kWhで300万円くらいしてましたから、近年蓄電池は本当に安くなったなあと感じますね。

今は、けっこう当たり前のように生活に使われている、リチウムイオン電池も、ノーベル化学賞を受賞した、旭化成の吉野彰さんのおかげですよね。今は携帯から飛行機にまで載ってるから凄いですよね。おかげで生活も豊かになりました。

使い方は?

サイズは1150×753×147mmとコンパクトで、床置き、または壁掛けで設置可能。また床置きの場合は最大10台まで連結することも可能です。

また、オールインワンと言ってますが、パワコンが内蔵されています、これも嬉しいです。

また、出力は、ピーク出力が7kW(キロワット)、連続出力が5kWで、停電の際は、系統との接続を遮断し、自動で蓄電池からの電力供給に切り替え可能。嬉しいのは、エアコンも使用可能だという事。これはかなり嬉しいです。

基本的には、専用のアプリを使い、蓄電状況の確認や電力の手動切り替えが可能。アプリなので難しくないと思います。

アプリ自体は公開されています。

「Powerwall」概要

「Powerwall」

  • 高い安全性:露出配線や排熱口がないため、お子様やペットがいても安全
  • 床置きまたは壁掛け:Powerwallは壁掛け式に簡単に設置することができます。床置きで設置する場合は最大10台まで連結可能
  • 全天候対応:防水防塵構造のPowerwallは、屋内外を問わず設置可能
  • 静音設計:稼働時にほとんど音を発しません。ジェネレーターと比べ圧倒的に静か
  • オールインワン:コストと複雑さを低減するために、DCからACの変換に必要なインバーターは内蔵
  • 常時接続:リアルタイムでエネルギーをモニターし、悪天候時には警告
ことらママ
まとめると、13.5 kWhでも99万円でパワコン内蔵。停電時も安心!しかも、停電時もエアコンが使えるんです。これは良いね!!

スペックは?

Tesla(テスラ)家庭用蓄電池「Powerwall」

蓄電容量 13.5 kWh
放電深度 100%
効率 充放電効率 90%
最高出力 7kW(ピーク)/ 5kW(連続運転)
対応機器 太陽光発電による自家消費

バックアップ電源

時間帯別制御

オフグリッド対応 (準備中)

保証 10年
拡張可能 Powerwall最大10台接続可能
動作温度 -20°C 〜 50°C
寸法高さ x 幅 x 奥行き 45.3″ x 29.6″ x 5.75″(1150 mm x 753 mm x 147 mm)
重量 114 kg
設置 床置きまたは壁掛け屋内または屋外

実際のホームページで入力すると・・・

例えば、我が家の場合なら、17KW、停電時にエアコンも、EV充電施設も使いたいよと入力し、部屋は5部屋と入力したら、このTesla(テスラ)家庭用蓄電池「Powerwall」が3つあった方が良いよ、推奨しますと教えてくれるんですね。ただ、この17KWと入力してますが、ここにそのまま17KWと入力して良いのかは、何とも言えませんが・・・

流石にここまで蓄電池要らないかな。「Powerwall」1つ、もしくは2つ設置したら、停電時もエアコンや冷蔵庫など使えて、いつもと同じような生活が送れるのかな・・・。

申込は、ホームページのメールから

私も気になって今年春にカウントを登録したのですが、イマイチログインできません。どうやら、別でメールに登録する形みたいです。ちょっと前まで、このホームページ情報がスカスカして、ページによっては英語だらけだったような気もします。今は日本語で書かれてます。ただ、ログインはいまだできんせんけどね。

Teslaは、直販が基本なので、この「Powerwall」に関してもそうなるのではないかと思います。まずは、メール登録からとなりますが、気になる方は登録してみましょう。

Tesla:Powerwallについての最新情報を受け取る

個人的に注目!!

テスラは、2017年よりアメリカにリチウムイオン電池の生産工場「ギガファクトリー」を作り、でパナソニックと提携して生産をしています。
ギガファクトリーは約17万6500平方メートルと広大な敷地で、まさにメガ・・・・。

個人的にも、このTeslaは「Powerwall」が気になるのは、中身がパナソニック製と思って良いからですね。

さいごに

先日も、Teslaと言えば、自動車のEV用のバッテリニーに関して、充放電を繰り返しても、100万マイルは余裕で、実質200万マイル、実質300万キロ超は走れるという。

これは、『Journal of the Electrochemical Society』という論文にも掲載されたそう。となると、自動車用のリチウムイオン電池といえども、こちらの「Powerwall」も長寿命を狙えるのでは?とも思うのです。

実際、自動車用のバッテリーは自動車より、バッテリーの方が長持ちで、数十年持つそうです。こんな自動車が安く出回ればいいんでしょうけど、これから400万円切るくらいの車が発売の予定だそうですが、実際今走っているTeslaの車は800万円超の自動車で超高級車ですよね。

イーロン・マスクには、スペースX計画はともかく、自動運転も実現してもらい、安い自動車と、家庭用蓄電池を売って欲しいです。

【タイナビ蓄電池】蓄電池の一括見積り比較!完全無料で最大5社  全国初の5社から見積りをとれる蓄電池の見積比較サイトになります。

関連記事はこちらも

以前から気になっていた、電気自動車のTesla(テスラ)が開発を進している家庭用蓄電池「Powerwall」がついに日本で発売されるそうです。販売は2020年春からの予定。個人的には、長かったというか、やっと!?と言う感 […]

電気自動車を蓄電池代わりに使いたい!のは私だけではないですよね?先日行ったAI・スマート住宅 EXPOで、ニチコンのV2Hシステム EVパワーステーション(VCG-663CN3・VCG-666CN7)を見つけました。 値 […]

28年度のZEH補助金が正式に発表され、同時に「リチウムイオン蓄電池」が補助金対象になりましたね。値段と生活サイクル次第で有効活用できるのは間違いないし、防災の観点でも導入したら安心できるもの。 また、蓄電池を導入を考え […]

最新情報をチェックしよう!
>ZEHの家を建てて4年。今、後悔していることは?

ZEHの家を建てて4年。今、後悔していることは?

遂に、消費税も10%になりました。
実は、私たちも5年前の8%になったばかりの4月に家を建てようと動き始め、結果的にZEHの家に辿り着きました。

多くの人にとって家づくりは一生に1度あるかないかではないですよね?
私たちも初めての家づくりなのに相談するところもない。転勤族で知り合いも少ない。
そんな感じで家づくりがスタートしました。

もし、今、経験者として言わせてもらうなら、1度くらいは中立な立場の人に相談するのをお勧めします。
ぜひ、「私たちの失敗談」を読んでみてください。

CTR IMG