環境省のZEHの補助金 二次公募は20億円で2,700件




今年のZEHの補助金は穴場?かどうかはまだ分かりませんが、「環境省のZEH支援事業 一般向け一次公募」は定員割れを起こしました。抽選を嫌ったのかは、二次公募の様子を見てみないと真相は分かりませんよね。

環境省のZEHの補助金 二次公募 もうすぐスタート!

平成31年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金
略称: 平成31年度 ZEH支援事業(【経産省ZEH】平成31年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)

関連記事

平成31年度(令和元年)のZEH補助金について

二次公募の 事業規模は、約20億円

一次公募と同じく事業規模は20億円。 二次公募は一般公募のみとなっています。

一次公募の際は、「一般公募」とは別に「新規取り組みZEHビルダー/プランナー向け公募」の枠がありましたが、こちらについては本年度分の予約枠は終了しました。

採択件数は 二次公募でのみで2,700件

また気になる採択件数(予算規模より想定)は、二次公募でのみで2,700件くらいと公表されています。

一般公募の期間は?

  • 二次公募:2019年7月1日(月) ~ 2019年7月5日(金) 17:00必着
  • 三次公募:2019年8月5日(月) ~ 2019年8月9日(金) 17:00必着

各公募の交付決定は、二次公募:8月28日(水)、三次公募:9月25日(水)を予定しています。

一次公募と二次公募との違いをチェックしましたが、基本的に変更はない様です。

一次公募から三次公募まで公募期間を定め受付けるので、三次公募がなくなってしまうことはなく、

二次公募も、公募規模を超えた申請があった場合は、抽選と言うことになります。さて、今回はどうなのでしょうね・・・。

また、採択目安数と言うのは、私たちが見ることができないのか、よくわからなかったのですが・・・

交付申請に際して、SIIが個々のZEHビルダー/プランナーに設定した「一公募あたりの採択目安数を超えた事業については、申請を受付けできませんの でご注意ください。

SII

↑これですね。もちろん実績報告をしていないビルダーは応募ができません。また昨年同様、BELSの証書を提出する必要があります。

これは、SIIのサイトのZEHビルダー/プランナーの検索ページで、ダウンロードすれば、「BELSの取得目標宣言」の有・無が見られるのですが、正直あまり進んでいないかな?と言う感じに見えるのですが・・・どうなんでしょうね。

さてBELSは、★の数で「省エネレベル(住宅性能)を見える化」したもので、省エネ性能を比較できるメリットがあります。

令和元年(平成31年)のZEHの一次公募は定員割れ?なぜだろう??

今年は不人気?ZEHの補助金が抽選にもならない状況が起こっています。何が起こっているんでしょう?

さいごに

今回も抽選ではなく、みんな採択されると良いですよね。70万円の補助金が出るかもしれないのに、抽選なんて嫌です。

また、本日6月25日は、追加実績報告の公表日となっています。まだ何も公表されてはない様ですが・・・。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア