急げ!平成31年度 ZEH 公募説明会の事前エントリー開始!




平成31年度 ZEH関連の公募説明会が4月11日より全国で開催されます。今年も事前エントリー制です。(事前エントリーがないと説明会の参加はできません。)
3月27日に予算も通過したし、いつ説明会があるのだろうと思ってました。

説明会は、ほとんどが住宅メーカーの参加ですが、一般ユーザーが参加できないとも書かれていませんし、参加可能です。ご自身で31年のZEHの補助金の話を聞きたい!質問したい方は参加してみましょう。

平成31年度となっていますが、この先、令和元年のZEHと名前が変わるんでしょうかね・・・・

3つのZEH関連 補助金事業説明会 同時開催

この説明会は、経済産業省によるZEH+R強化事業の公募説明会、環境省によるZEH支援事業、先進的再エネ熱等導入支援事業の公募説明会との合同開催です。

  • 平成31年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを活用したレジリエンス強化事業費補助金
  • 【経産省ZEH】平成31年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業
  • 【環境省ZEH】平成31年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化による住宅における低炭素化促進事業

説明会のコンテンツは?

1.環境省による事業

・ZEH支援事業について
・先進的再エネ熱等導入支援事業について

2.経済産業省による事業

・ZEH+実証事業について
・ZEH+R強化事業について
・ZEHビルダー/プランナー登録について

3.その他の説明

・エコーネットライト/エコーネットライトAIFの解説(エコーネットコンソーシアム)

開催日時 場所

開催日開催地会場
4月11日(木)東京23区内
4月12日(金)大阪大阪府大阪市内
4月15日(月)那覇沖縄県那覇市
4月16日(火)福岡福岡県福岡市
4月17日(水)広島広島県広島市
4月18日(木)名古屋愛知県名古屋市
4月19日(金)金沢石川県金沢市
4月22日(月)札幌北海道札幌市
4月23日(火)仙台宮城県仙台市
4月25日(木)高知高知県高知市

申し込みはこちら http://sii.or.jp/meti_zeh31/#koubo

また、蓄電システム製品登録公募説明会は、別で開催されます。メーカー向けの説明会になります。

4月4日(金) 東京のみの予定です。こちらも申し込みが必要でメール申し込みになります。

これまでの説明会は?

会場が満席になり次第、事前エントリー(受付)は終了します。

説明会は、事前エントリー制で先着順です。前回も前々回も住宅メーカーと施主と別々にやらずに開催しており、施主向けのZEH補助金の説明会というものはありません。

私たちも数回参加しています。経産省の方やSIIの主査の方がいらして直接質問もできました。

ZEHの申請を行うにあたって、説明会への参加は必須ではないので、参加しなくても、ZEHの申請は可能です。

また、↓この補助金もおすすめです!

ただし、東京都独自のゼロエミ住宅の補助金は、国のZEH補助金とダブルで受給できるか不明です。財源が違うので通常であれば可能ですが、額も大きいのでダブル受給はできないかもしれません。まだ未確認なので確定したら追記します。

さいごに

平成31年3月15日現在、ZEHビルダー※は7153件。

※ZEHビルダーは、「2020年度までに建築する新築戸建住宅の過半数をZEHにする目標を掲げる」住宅建築事業者 らのことです。

ZEHビルダー登録制度で登録されたメーカーは毎月SIIのHPに掲載されます。

検索も可能です↓

ZEHビルダー登録の会社:http://sii.or.jp/zeh/builder/search

2年ほど前の公募説明会から、東京会場の応募人数が多くて追加で会場も用意され、ZEHが認知されているのを感じますね。

今年は、ZEHのマンションも続々と完成し、31年度はZEH-Mというマンション向けのZEHにも補助金もあります。

とにかく、ゼロエネルギー住宅の普及はさらに進みそうです。

関連記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ZEHの家に住む、アラフォーママ。 ZEHの住み心地、メリット・デメリット、環境のことを発信中。 最近はIoT+AIの家にしたいと家族で挑戦中です。家族構成:パパ・8歳・5歳・私 趣味は:旅行・写真飛行機と車が好きで、子供2人をパイロットにするのが夢。住んだことのある街は、北海道・広島・静岡・大阪・千葉・西オーストラリア