ことらママ
ご覧いただき有難うございます。
当サイトは、3年前にZEHの家を建てた「ことらママの体験記」です。
ZEH住宅の選び方などを中心に、家づくりや環境の事を書いています。

まずは「これから家を建てる方」「ZEHの家に必要なものは?ZEHってお得なの?」「未来の家(IoT+AIやLCCM住宅)」の1つを選んで読んでみてください。

これから家を建てる方

ランキングを参考にしてみましょう!

2018年最新「住宅メーカー48社の顧客満足度ランキング」byオリコン

オリコンは住宅メーカー48社を対象に、顧客満足度ランキングを12年行っています。このランキングは実際に家を建てた方が評価し、”工法、営業の感じの良さ、値段と釣り合っているか?”など知りたいことが載ってます。どこで建てるか迷っているならぜひ、「住宅メーカー48社の顧客満足度ランキング」を参考にしましょう!

総掲載物件数No.1 賢く資料請求しよう!

「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」使った印象について

家を建てると決めたら、住宅展示場に行きたくなりますよね。でも、私の経験で言えば、行く前に資料請求して目を通しておくと時間のロスがありません。そこでお勧めしたいのが「LIFULL HOME’S 注⽂住宅」。総掲載物件数No.1が強みです。ZEHを建てるなら、賢く資料請求して比較しましょう。

8%の消費税で住宅購入するリミットは?

消費税10%目前!家はいつ買ったら良いの?

消費税の10%増税も間近。住宅の買い時って気になりますね。8%の消費税で住宅購入するリミットは、「2019年9月30日」。また工事請負契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、引渡しが2019年10月以降になっても8%が適用されます。8%の消費税に間に合わせるなら、今行動を起こしましょう!

ZEHの家に必要なものは?ZEHってお得なの?

ZEHにするまえに参考にしてください

ZEH仕様にすると便利!だけど・・・いろいろと制約されることもある

我が家がZEHにしたときに、苦労した点や悩んだことを書いています。ZEHに導入する設備(蓄電池など)のことも書いているので「ZEHってこういう家なんだ!」とイメージし易いと思います。

ZEHの住み心地、我が家の電気代を公開

ゼロエネルギー住宅(ZEH)を建てた後、生活はどう変化したのか?我が家の場合

我が家はオール電化です。1年を通じた春夏秋冬の住み心地、3年経過したZEHの家の気になるZEHの電気代や電気の使い方も載せました。ZEHを選ぶ前にメリット・デメリットも見てください。

2018年度(30年度)のZEHの補助金について

消費税増税前(8%)に家を建てる!2018年度のZEH補助金は?

2018年度のZEH関連の補助金を載せています。2019年度以降ZEHに挑戦する方は参考にしてください。年度をまたいで補助金を出すZEH補助金(LCCM住宅)もありますのでそちらに照準を絞るのもアリです。

未来の家(IoT+AIやLCCM住宅)

未来の家といっても、ちょっと先の未来のお話。特にIoT+AIはZEHとの相性も抜群で、共稼ぎの世帯に人気があります。今家を建てるなら一緒に導入するべきです!

スマートホームはこうなる?

これが住まいの形?【未来の家プロジェクト】は、ZEHと並行して普及するだろう

現在は、横浜市、NTTドコモ、and factory 立ち上げ3社に加えプロジェクトメンバー10社になりました。室内環境・バイタルデータを操作したり、スマートフォンを利用したアプリや対話による家電の一元操作が魅力です。鏡やドアにも表示され便利そうです。わくわくする未来です。

LCCM住宅ってどんなものなの?

「LCCM住宅デモンストレーション棟」を見学。LCCM住宅って必要だ!!

LCCM住宅(Life Cycle Carbon Minus:ライフサイクルカーボンマイナス住宅)とは、建設時~住居中~廃棄時まで省CO2 に取り組み、太陽光発電等を利用し、生涯でCO2 収支をマイナスにする住宅のこと。2018年はこのLCCM住宅を建てると、上限125万円補助金が貰えました。

後付けで、スマートホーム(IoT+AI)に挑戦!

後付けで、我が家もスマートホーム(IoT+AI)にしたい!!

mouseコンピュータのルームハブと、スマートプラグを使って、スマートハウスに挑戦!アプリや使い心地、設定に興味がある方は、ぜひ見て下さい。ペットを飼っている方や遠方で親が一人暮らしをしている方に向いている機器です。温度監視や、エアコンの電源もONにできるので便利です。