ZEH(ゼッチ)にするには何が必要なの?設備や建材について考える

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

何回かの記事に分けて、ZEHについて考えようと思っているのですが、今回はZEHにするには何が必要なのか?を考えてみようと思います。私も建てる前に知りたかったので・・・どんな設備を導入する必要があるのか?その為にお金はいくらかかるのか?考えます。

ZEHにするには何が必要?

私は家を建てるとき疑問でした。今までは見たこともないものを導入したので、特に値段が心配でしたね。知らないということはハウスメーカーなり工務店の言いなりに成り兼ねないからです。

我が家の場合。参考にしてみてください。

ゼロエネルギー住宅(ZEH)を建てた後、生活はどう変化したのか?我が家の場合。
今日はゼロエネルギー住宅(ZEH)を建てた後で、生活はどうかわったか?困ったことはあるのか?反対に良いことはあるのか?災害時はどうなのか?体験・体感していること書いてみようと思います。電気代...

ZEHにするために重要な設備・建材は何?

ZEHとは?室内を快適にしつつ、1年間に使用するエネルギーが、だいたいゼロ以下になる家のこと。

太陽光発電などの創エネと、高い断熱(省エネ)を組み合わせて、結果的に消費エネルギーゼロを目指すのがZEH(ゼッチ)です。

必要なものは:断熱性能の高いガラス・サッシと、太陽光発電などの創エネシステム

基本的な建物の断熱材は、グラスウール・ポリスチレンフォームになります。

また、熱が逃げるのは開口部からとわかっているので、開口部:窓・ドアの断熱強化も重要です。窓は複合サッシと呼ばれる「樹脂サッシ」が主流です。

創エネシステムに関しては、水力・風力・地熱などでももちろん構わないのですが、導入にお金が掛かりすぎる欠点があります。よって「創エネ=太陽光発電システム」と考えればいいのです。

これを読んでもらえたら大枠がわかるかも?

ZEH仕様にすると便利!だけど・・・いろいろと制約されることもある
ZEH(ゼロエネルギー)住宅が、世の中にも浸透してきました。ZEH住宅にした我が家も、とても便利で快適です。しかし、ZEH(ゼロエネルギー)住宅って、家を建てる時に、ちょっぴり制約されるんで...

それ以外にも必要な設備は?

せっかく、断熱性能が高い家(入れ物)を作ったので、電気をガンガン使ってしまう設備ばかりでは、エネルギー削減は見込めないかもしれません。

ここで大事なのは、毎日使うものを省エネにすること!!

電気を使わないために:省エネ性能の高い空調設備・換気システムと、給湯設備が必要

  • 照明はLED
  • エアコンは高性能タイプ
  • 給湯設備は一次エネルギー削減率が高いエコキュート・エネファームなど
  • 熱を効率よく逃がすための換気システム
  • HEMSというエネルギー使用状況を把握できる機器

電気を使わないために、どうしたら良いのか考えるとわかります。家での電気代の大きなものはエアコンです。まずエアコンを何とかしないといけないんです。それ以外にも照明なんかだと、白熱灯などは電気代が掛かるのでダメですよね。

29年度のエアコンはここから選ぼう!

「平成29年度ZEH」補助金対象のエアコンはこれ!品番も載せたので参考にどうぞ。
ZEHの家に必要な家電のひとつに、エアコンがあります。ほとんどの方が個別エアコンと呼ばれる「ルームエアコン」を導入するでしょう。どのエアコンが、29年度のZEHで条件を満たすのか?エアコンの...

我が家は、エコキュートを使用。こんな風に使っています。メリット・デメリットも

エコキュート導入時に悩んだこと。使い勝手は?メリット・デメリット、節約できるの?
エコキュートの導入について、いろいろ意見があるんですね。個人的な感想。導入後の光熱費がどの位変わったのか?節約方法などを勝手に解説します。使い勝手も書くので参考にしてください。 エコキュートってど...

HEMSってこういうものだよというのが分かります。

実録「HEMSモニター」の使い方!IHやエアコン、洗濯機使用時の電気代・太陽光発電量を動画で確認
HEMSってどんなもの?どうやって使うの?見るのか?我が家のHEMSは、最新モデルではありませんが、HEMSの数値が細かく追える(見える)ということがわかると、ゼロエネルギー住宅を建...

HEMSって何だろう?メリットは?

家の電力・創エネを「見える化」し、節電に役立つもの

HEMSは、ホーム・エネルギー・マネージメント・システムの略です。

太陽光発電システム・蓄電池・各家電の消費電力をモニターでき、どこで電気を使っているのか、今の発電量はどのくらいか?とリアルタイムで把握可能。

また、1週間ごとや1か月ごとなど比較もできます。目に見えるので効率的な節電も可能です。

また近年は、ネットにも繋がり、天気予測やデータをもとに空調や蓄電池の運転をHEMSが制御してくれたりもします。まだまだ便利になりそうです。

太陽光発電システムはどうやって選ぶ?

この太陽光発電システムは、創エネとしてZEHに必要なものです。

ここで大事なのは、必要なサイズ(発電量)を確保すること!

大前提は:ZEHに必要な発電量を確保すること

面積が狭い:効率の良い製品。面積が広い:沢山載せられる製品 という風に製品を選ぶと良いです。予算がある方なら、この太陽光発電で売電した分をローンの足しに出来ますよね。

どれが良いのか?というのは難しくこればかりは、自分の頭の中で考えていても結論は出ません。家の屋根の形が決まったら、自分の建てるメーカーとは別で見積もりを取りましょう。

パネルは投資としても十分うまみがあります。改修年数の目安もしっかり自分の目で判断してください。我が家では、売電分でローンの半分くらいは賄えていますよ。

我が家のお話をすると・・・

家をイメージする三角屋根の家はパネルが全然載らないと判り、切妻屋根という屋根にしています。メリットは屋根はフラットで、南向きに広く取れば、パネルがたくさん載るのです。

北向きにパネルを載せても夏はともかく1年通して考えると発電しません。南向きにどれだけ載せられるか?に掛かってきます。

また、太陽光発電システムと屋根が一体型で、いかにもパネル載せてます!という感じにならない製品も増えてきています。外観にこだわる方はこういうチョイスもアリです。

我が家は、本も沢山買い勉強しました。検討した結果、ソーラーフロンティアか、Panasonicにしようと考え、見積もりをして結果的にPanasonicのHITを導入しています。

ソーラーフロンティアにしようか本当に迷いましたが、この辺りはその土地の気候や天気もあります。我が家の場合は、年間の天候も加味してPanasonicにしたわけです。

今年の売電金額は?

実は、太陽光発電の売電金額は28年度と比べると、10kW未満なら、3円引き下げられる事になった訳ですが・・・ただ、太陽光発電システムの性能は上がっているので、買取価格が下がったと言っても悲観する必要はありません。

住宅用太陽光買取価格 29年度は1kWhあたり28円。来年度以降の価格も発表
経済産業省が、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の平成29年度の新規参入者向け買取価格を発表。気になる住宅用太陽光は、10kW未満 ①出力制御対応義務なし1kWh 28円。②出力制御対応義...

しっかり曇りの地域が多いとか、面積は少ないけど効率を重視したいとか・・・その地域や敷地に合わせたプランを作ってもらえば良いのです。

注意:見積もりは、住宅メーカーだけだと言いなりになるので、必ず数社取り寄せましょう。

参考になるサイト:

電話の感じでも、群を抜いて感じが良いのはココでしょう。プランがある程度決まり、屋根のサイズが決まっていたらココ。無料。

資料請求・見積もりはココ:No.1太陽光見積りサイト【ソーラーパートナーズ】

また、タウンライフというサイトなら、太陽光発電システムだけでなく、トータルでZEHのプランまで作ってくれます!しかも、無料です。まだ、ハウスメーカーも決まってない方は、こういう選択肢もあります。

蓄電池のメリットは?選び方は?

ZEHに絶対に必要なものではありません。が、導入すると補助金が一部出ます。

売電価格の低下と売電期間終了、家族の生活スタイルも考えて選ぼう!

現行買取期間は、10Kw未満は10年。10kw以上で20年となっています。今契約した売電金額は10年間は保証されていますが、その後は誰にも不明です。これからは蓄電池で上手に電気を貯めて、家の中で使うことが求められてきます。

蓄電池は安くなってきていますが、まだ高価です。今は、家の中に設置できるタイプもあるし、リーフの様な車も蓄電池として利用可能。(リーフはZEH補助金が出ません。)

また昼間も蓄電池を使う設定にすると売電価格は安くなってしまうので、これもシュミレーションが必要です。

家のみんなが日中いないのであれば、蓄電池があったほうが良いと思います。また、災害時の備えという意味でも、蓄電池があれば夜にも電気が使えます。

災害時に安心な蓄電池という設備。

ZEH補助金対象の蓄電池は、経済的メリットはないけど災害(地震)対策にはいいかも!?
先日、資源エネルギー庁のHPにて、平成28年度「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業」の概要(案)について発表があ...
セキスイハイム、太陽光発電システム住宅の6割でゼロエネルギー達成!
セキスイハイム(積水化学工業)は3月9日、2015年の太陽光発電システム・HEMS搭載住宅のゼロエネルギー達成度と、蓄電池の運転実績等を調査した内容を発表しました。また、併せ...

さいごに

一番心配なのは、ZEHのためにいろいろな設備を入れて総コストが高くなることが心配ですよね。ZEHが良いって分かったけど設備導入の費用対効果が望めるのか否かは重要。

29年度のZEHでは、建材や設備のコストのかかりすぎる家では、補助金が出ないことになっています。

ZEHも普及期に移行しはじめ、価格が安くないと普及しいないと国も分かっているから、建材メーカー・ハウスメーカー・設備メーカー含め、努力してねということですね。

ZEHは先行投資みたいなものだけど、我が家がZEHに決めた1番の決め手は、快適だという事。寒くて寒くて起きたくない冬の朝のことは、もう忘れてしまいました。

年間通して快適なZEH。やはり誰が何を言おうとZEHは便利で快適なんです。

こちらも参考に

いまさらながら、ZEH(ゼッチ)って何のこと?ZEHにしたければどうしたらいいの?
遂にテレビコマーシャルでも、ZEHの家を前面に押し出すようになりましたね。と言っても、私の周りにいる友人に話をすると、「ゼッチってなに?」と言われちゃいます。今更ながらZEHって何だろう?な...
2017年の最新情報!「住宅メーカー47社の顧客満足度ランキング」byオリコン
2017年の最新情報 オリコンが、住宅メーカー47社を対象に、顧客満足度ランキングを行いました。評判や口コミあり。上位にランクインした会社は昨年と比べてもあまり変動していな模様。ハウスメーカ...
住宅メーカー47社を対象にした顧客満足度ランキングbyオリコン
オリコンが、住宅メーカー47社を対象に、顧客満足度ランキングを行いました。評判や口コミあり。友達同士でも、家を建てた時の苦労話ってあまりしませんよね?だってその家の年収も分かってしま...
スポンサーリンク

お役に立ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存